「胸のすく切れ味」とは、きっとこういう弾け方のことを言うのだろう。

 さしずめ「鬼脚」。いや彼女はオンナの子だから「鬼姫の脚」か。

 とにかく、あまりにも鮮やかすぎるその末脚は、驚愕、驚嘆を通り越して感動的ですらあった。

 まさに衝撃。背筋がゾクッとした。

 それが1995年の春、ライデンリーダーを見たときに感じたことだった。


地方馬ながら中央のGIの舞台で奮闘したライデンリーダー

 この年は、それまで地方競馬に対して高いハードルを設けていたJRAが、そのハードルを下げる方向に大きく舵を切った年。競馬界では、地方と中央の「交流元年」として記憶される。

 そのひとつの目玉となったルール変更が、JRAが指定したトライアルレースで優先出走権を獲得すれば、地方馬は地方所属のままJRAのGIレースに出られるようになったこと。それまでは、ハイセイコーにしても、オグリキャップにしても、JRAのG気暴个襪燭瓩砲蓮△泙挫亙から中央に移籍しなければならなかった。

 この節目の年に、その象徴的な存在として競馬シーンに登場したのがライデンリーダーだった。

 公営・笠松競馬の所属。デビュー以来、10戦10勝。この間、2着馬につけた着差が合計で41馬身。いつもぶっちぎって勝つことから、牝馬ながらも「公営のナリタブライアン」などと呼ばれた。

 当時4歳(※馬齢は旧表記。以下同)だった彼女が、中央進出初戦として選んだのが、桜花賞トライアルのGII報知杯4歳牝馬特別(現フィリーズレビュー)。このレースで3着以内に入れば、桜花賞の優先出走権が得られた。

 当日は、単勝3.5倍の2番人気に支持された。

 笠松では敵なしといえども、ダート競馬しか経験がない。初めての芝のレースで、桜花賞を目指す強敵相手にどこまで――2番人気からは、ファンのそんな微妙な心理が読み取れた。

 やがてゲートが開く。

 直後に、馬券を買ったファンの多くは頭を抱え、買わなかったファンの多くは「やっぱりな」とほくそ笑んだに違いない。

 スタートは反応よく飛び出したものの、そこから騎手の手が動きっぱなしなのだ。テレビの画面からいったん姿が消え、しばらくして映ると、馬群の中団のインに控えたまま、スタート直後よりもさらに激しく騎手の手が動いている。

 騎手は「いけ、いけ」と激しく馬を叱咤しているのに、馬がそれに反抗するというのではなく、そもそもそれにこたえる能力に欠ける。そんなふうにも見えた。

 直線に入っても、インに詰まったまま、相変わらず騎手の手が激しく動く。

 それは、ともすれば「悪あがき」にも見えた。

 だが、そこまではいわばイントロで、”ライデンリーダー劇場”の本番はいよいよこれから。

 インで行き場を失いかけ、激しくもがいていたライデンリーダーを、騎手が直線半ばで大外に持ち出すや、まさに「鬼姫の脚」が炸裂したのだ。

「外からライデンリーダー、すごい脚!」

 実況アナウンサーのその絶叫をまるでBGMにでもするかのように、本当に一気に、矢のように伸びた。

 終わってみれば、2着に3馬身半差の完勝だ。

「交流元年」を飾るにふさわしい地方馬・ライデンリーダーの勝利だった。

 そして、この勝利はまた、思わぬ”副産物”をも生んだ。

 このときの鞍上は、笠松競馬に帝王のように君臨していた「アンカツ」こと安藤勝己騎手。ライデンリーダーは、デビューから引退までの24戦、すべてアンカツさんが手綱をとった。

 ただ、アンカツさんは、笠松ではあまりにも勝ちすぎて、勝つことにいささか倦(う)いていた。そろそろ引退して調教師にでもなろうか、そんなふうにも考えていた矢先、ライデンリーダーと出会ったのだ。

 筆者は、アンカツさんがJRAのジョッキーになると決まった頃、一度、話を聞いたことがある。そのときの言葉として今も鮮明に記憶に残っているのが、アンカツさんが、しきりに「芝の競馬が面白くて……」と繰り返していたことだ。

 中央との交流で、中央の芝のレースに乗るうちに、すっかり芝のレースのとりこになった。勝っても負けても、そこに奥深さを感じて「また乗りたい」と思うようになった。そのことが、調教師への転身を考えるほど醒(さ)めかけていたジョッキーとしての「やる気」に火をつけたのだ。

 もちろん、そこに最も大きな役割を果たしたのがライデンリーダーだったことは言うまでもない。

「ライデンリーダーはオレのルーツ」

 アンカツさんはそんな言葉も口にした。

 そして、そのアンカツさんは、やがて地方競馬から中央に移籍することを認められた騎手の第1号となり、そうやってアンカツさんが切り開いた道のあとを何人もの地方競馬のジョッキーたちがたどった。

 地方出身のジョッキーは、今や中央競馬には欠かせない。みんながそう思うほど、彼らは中央競馬で立派に市民権を得ている。

 もとをたどれば、何を隠そう、アンカツさんと彼の相棒であるライデンリーダーの、歴史的といっても過言ではない4歳牝馬特別の勝利こそが、その発端だったのだ。

 4歳牝馬特別を勝ったあと、ライデンリーダーは桜花賞に駒を進めた。単勝1.7倍という支持を集めたが、4着善戦という結果にとどまった。

 桜花賞後に挑んだオークスでも13着と馬群に沈んだ。中央ではトータル7戦に出走。当時4歳馬限定のレースだったエリザベス女王杯のトライアル、ローズSで3着と好走したものの、4歳牝馬特別以上の成績を残すことはなかった。

 それでも、その成績以上に、ライデンリーダーという存在は記憶に残っている。 もうすぐ今年も、そのレースのときがやってくる。ライデンリーダーのような、豪快な末脚を披露する馬が現れるのか、注目である。

◆その強さ、ナリタブライアン級。王者ダノンプレミアムは何がすごいのか>>

◆アンコールプリュは次元の違う末脚だ。桜花賞へ、新たなスター登場か>>

■競馬 記事一覧>>