2017年11月の婚約発表以来、公務でカーディフ、ノッティンガム、エジンバラ、ブリクストンとイギリス各地を訪れているハリー王子&メーガン・マークル。次なる訪問地、バーミンガムをふたりは2018年3月8日(現地時間)に訪れるという。

 

最初に立ち寄るのはステメッツ(Stemettes)という社会的企業。そこでは、よりの多くの女子学生たちが科学、テクノロジー、エンジニア、数学といった男性優位の業界で活躍できるよう支援しているため、ジェンダーの平等と女性のエンパワーメントを推進するUNウーマンの親善大使を務めていたメーガンも大きな関心を示しているそう。

 

その後、ふたりはチャリティ財団「ロイヤル・ファウンデーション」が支援するスポーツプログラム「コーチ・コア」に向かい、トレーニングを見学予定。3月8日は、世界各地で男女平等を訴えるイベントが開催される国際女性デーということもあり、メーガンがステメッツのスタッフやプログラムに参加する学生たちとどのような会話を交わすのかにも注目が集まっている。

Photo: Getty Images Translation: Reiko Kuwabara From: ELLE UK