© 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation

バレリーナからスパイになった主人公を演じる最新作『レッド・スパロー』で、ヌードシーンに挑戦したジェニファー・ローレンスが、当初、同作への出演を躊躇していたことを告白。

テレビ番組『トゥデイ・ショー』で「最初はオファーを受けるのが怖かった。ストーリーを伝えるには、フルヌードになる必要があると分かっていたから」「だからなかなかイエスとは言えなかったわ。そしてオファーを受けようと決意した夜も、緊張のあまり全然寝られなかった。だってクラスメート全員の前で、ヌードになるようなものでしょう。でも撮影が終わったら、内側からパワーが湧いてきたの」と打ち明けた。

 

またテレビ番組『60ミニッツ』では、過去のヌード写真流出事件がもたらした影響についても語っていた。「(ヌードになることで)失った何かを取り戻せたような、そんな不思議な感覚もあった」「これは私の身体、私の美学、私の選択肢なの。私の胸を見たくなかったら、『レッド・スパロー』も見ない方がいいかも」

 

2013年、アップルのiCloudがハッキングされ、ジェニファーやケイト・アプトンなど、人気セレブたちのプライベート写真がネット上に流出するという事件が起きた。人から画像を盗み、利益を得ている人がいることについてジェニファーは、「性的搾取や人権侵害といった被害を受ける人がいるのに、自分の利益しか考えないなんて信じられない」「そんな人間味が欠落した人がこの世の中にいるなんて、私には理解できない。思いやりがなく、いい加減で空っぽな人間にはなりたくはないわ」とコメントしていた。

トラウマを乗り越えたジェニファーの主演作『レッド・スパロー』は、3月30日より日本公開!

Photo: Getty Images Translation: Reiko Kuwabara From: Harper’s BAZAAR UK映画『レッド・スパロー』

映画『レッド・スパロー』

監督/フランシス・ローレンス(「ハンガー・ゲーム」シリーズ)  
出演/ジェニファー・ローレンス、ジョエル・エドガートン、マティアス・スーナールツ、シャーロット・ランプリング、メアリー=ルイーズ・パーカー、ジェレミー・アイアンズ
配給/20世紀フォックス映画
2018年3月30日より全国ロードショー
http://www.foxmovies-jp.com/redsparrow/