東京ミッドタウンで桜イベント!都心のお花見を満喫する「MIDTOWN BLOSSOM 2018」

写真拡大 (全6枚)

◆東京ミッドタウンで桜イベント!都心のお花見を満喫する「MIDTOWN BLOSSOM 2018」

MIDTOWN BLOSSOM 昨年の様子
東京ミッドタウンでは、2018年3月16日(金)から4月15日(日)まで、春の訪れを祝うイベント「MIDTOWN BLOSSOM 2018(ミッドタウン・ブロッサム)」を開催。会期中には、隣接する檜町公園を含め、ガーデンエリアにある約150本の桜並木が見ごろを迎える。春の特別メニューが味わえる屋外ラウンジや華やかなフラワーアートと一緒に、六本木で都心のお花見を楽しんで。


桜に映えるロゼのシャンパンがいただける屋外ラウンジ
桜並木が眺められる屋外ラウンジはCHANDONとコラボ
ミッドタウン・ガーデンのさくら通り沿いのエリアでは、毎年恒例の屋外ラウンジが登場。今年は、世界有数のシャンパン「CHANDON」とコラボした、期間限定の「CHANDON Blossom Lounge (シャンドン ブロッサム ラウンジ)」を開催する。

CHANDONとの初コラボということで、押えておきたい注目のドリンクを広報担当者さんに聞いてみた。「CHANDONのロゼに、イチゴが丸ごと1個入ったかわいらしいドリンクが登場予定です。桜の前でこのドリンクを片手に撮影されたら、春らしいフォトジェニックな仕上がりになるのでは?」


華やかなドリンクに合わせた、こだわりの逸品メニューが揃う
華やかなドリンクに合わせるメニューは、ザ・リッツ・カールトン東京の総料理長 ティエリー マーレー氏監修のもと考案されたこだわりの逸品が揃う。

旬の春野菜を使った地中海風オムレツやパテ・ド・カンパーニュなど5種のオードブルに、シャンドン ロゼのボトルがセットになった「桜スパークリングセット」(2名用・7500円)は、スタイリッシュな大人のお花見デートにぴったり。また、桜モチーフが添えられたマカロンに、クリームたっぷりのプチシュークリームなど春の色を取り入れたスイーツ5種が並ぶ「桜スイーツプレート」(5種・2800円)は、お花見女子会にいいかも。

このほか、「スパークリングワイン風味のポテトチップス」(600円)や、ザ・リッツ・カールトン東京初のメニュー「桜フローズンスフレ」(800円)といったレアな逸品も揃う。桜を眺めながら、爽やかな春風の吹くラウンジで味わいたい。


過去の開花時ライトアップの様子 桜並木が幻想的な空間に
開花前はピンク、開花後は白でライトアップされる幻想的な夜桜
期間中は17時から23時まで、全長約200メートルにおよぶ桜並木のライトアップも実施。開花前は桜を予感させるピンク色、開花してからは花を引き立てる白と、開花状況によってライトの色が変化するので、いつ見ても幻想的な夜桜を楽しめる。2017年に開業10周年の記念植樹を行ったので、記念のプレートを付けた桜に出会ったら、ちょっと嬉しくなりそう。

夜桜は、東京ミッドタウン内の一部のレストランからも眺めることができる。館内では、春の食材をふんだんに使った季節限定のメニューがいただける店舗もいくつかあるので、お花見とともに五感で春を堪能して。


過去の様子(ガレリア)
春の喜びが味わえる桜色のフラワーアートやワインの振る舞いも
11回目となる今回のイベントのテーマは、「春を味わう」。ガレリア館内で展示されるフラワーアートも、鮮やかな春の息吹を感じさせてくれる桜色のグラデーションで、生命力あふれる春の喜びが味わえる装飾に。担当するのは東京ミッドタウン主催のアートコンペ「フラワーアートアワード」の2016年度優勝チームで、優雅な花をダイナミックに見せる作品が、春の訪れを感じさせてくれそう。

3月30日(金)11時からは、東京ミッドタウン開業11周年を記念して、ロゼスパークリングワインを無料で振る舞う「Cheers Sparkling(チアーズ スパークリング)」を行う。プラザ1Fのキャノピー・スクエアで先着500名に配られるから、都合がつけば、ワインで開業記念日を一緒にお祝いして。

桜の開花に合わせ、都心で昼も夜もお花見が楽しめる「MIDTOWN BLOSSOM 2018」。東京の真ん中で、春の到来を体感しよう。