GINZA SIX で「春の新定番」を探そう!春限定の特別メニューがいっぱい

写真拡大 (全7枚)

◆GINZA SIX で「春の新定番」を探そう!春限定の特別メニューがいっぱい

パティスリー パブロフ(B2F)「クグロフ 桜&抹茶」1800円 販売期間:2018/3/1(木)〜4/30(月・祝)
2017年4月に開業し、2度目の春を迎える「GINZA SIX」。2018年の春は一流の作り手が春の味覚をアレンジした特別メニューや、春の訪れを華やかに演出する逸品など「春の新定番」を提案する。この先、春が来るたびに、銀座で季節を感じられるような「新定番」が見つかるかも。


72 Degrees Juicery + Café by David Myers(5F)「桜と抹茶の彩りパフェ」1598円 提供期間:3/15(木)〜4/10(火)、1日20食
桜のモチーフと抹茶の緑が春らしいスイーツ登場
人気のフードショップやレストラン・カフェでは、五感で春を楽しむ特別メニューを展開。パウンドケーキ専門店「パティスリー パブロフ」(B2F)は、焼き菓子の「クグロフ 桜&抹茶」(トップ写真・1800円)を2018年3月1日(木)から4月30日(月・祝)の期間限定で販売する。刻んださくらんぼ入りの生地に蜜漬けの桜花などを飾った「桜」と、宇治の高級抹茶の生地に希少な白小豆を飾った「抹茶」のアソートは、何とも春らしい色合い。

「72 Degrees Juicery + Café by David Myers(72°ジューサリー+カフェ バイ デイビット マイヤーズ)」(5F)に登場する「桜と抹茶の彩りパフェ」(写真・1598円)は3月15日(木)から4月10日(火)までの提供で、1日限定20食。白玉とグラノーラの食感がアクセントになったパフェは、GINZA SIX限定の一品。 うららかな春の王道スイーツとして楽しみたい。


THE GRAND GINZA(13F)「春の味覚×四国エリアの食材を使った新感覚フレンチ」ランチ4104円〜、ディナー7560円〜
ご当地の春の味や旬の海鮮など特別メニューも
レストランフロアにも、GINZA SIX限定のメニューが続々登場。「THE GRAND GINZA」(13F)では、春の特別メニュー「春の味覚×四国エリアの食材を使った新感覚フレンチ」(写真・ランチ4104円〜、ディナー7560円〜)が、3月31日(土)までの期間限定で味わえる。こちらのメニューは、日本列島をエリア分けして期間ごとにテーマを決めるもので、その土地ならではのおいしさがギュッと詰まったコースになっているそう。今回は四国エリアがテーマで、メインにはハーブを食べて育った愛媛の“ハーブ媛ひらめ”や香川の“オリーブ豚”などを使用。銀座にいながら、四国の春の味を満喫できるのが嬉しい。

このほか「つきじ鈴富」(13F)には、旬の春子鯛(かすごだい)を桜の葉とともに漬けた寿司「春子鯛の桜庭漬」(1貫1080円・1日15個)や、子持ちの春のイイダコに豆腐仕立ての白酢をあしらった「飯蛸白酢がけ」(1296円・1日15個)など、春ならではの食材がずらり。


ル・ボヌール パリス(B2F)「パート・ドゥ・フリュイ」6粒・1728円 ※2018/3/6(火)〜4/1(日)
フランスから空輸で直輸入する最高級フルーツゼリーも期間限定で
さらに、この期間限定のポップアップショップにも注目を。ザ・ポップアップ(B2F)には3月6日(火)から4月1日(日)まで、日本で唯一、フランスの老舗「パリキャラメル社」から直輸入できる洋菓子店「ル・ボヌール パリス」がお目見え。

希少価値の高い原産地のフルーツを贅沢に使った「パート・ドゥ・フリュイ(フルーツゼリー)」は、全18種のフレーバーからバランスよく詰め合わせた「6粒入り」(1728円)などを販売する。商品は、高い品質を保つためにフランスから空輸しているというから、本場の味わいをそのままに堪能できるのが嬉しい。


漆器 山田平安堂(4F)「桜盃」7560円
新生活のスタートや春のお出かけに最適なアイテム
春はまた、暖かくなってお出かけが増えたり新生活がスタートしたりと、気分の盛り上がるイベントも多いもの。

例えば「中川政七商店」(4F)の桜の香りの「桜石鹸」(1512円)や、桜をモチーフにした絵付けが美しい「漆器 山田平安堂」(4F)の「桜盃」(写真・7560円)など、桜モチーフのアイテムは自宅用でもギフトにしても、選んだだけでちょっとウキウキしてしまいそう。

ファッションでは春の新作も続々と入荷する時期だし、春限定カラーのコスメや春の香りのルームフレグランスなど、上質な大人の暮らしを彩るアイテムが見つかるはず。


D-BROS(4F)「フラワーべース」1080〜1944円
日本の伝統文化をテーマにしたプロダクトブランド「D-BROS(ディーブロス)」(4F)の「フラワーベース」(写真・1080円〜1944円)は、水を入れるだけで花瓶になるビニール製のアイテム。シンプルなものからモダンなデザインまで約80種もあるので、春のインテリアのアクセントにぴったり。

春のトピックスとしては、現在中央の吹抜けに飾られている草間彌生さんのアート作品が3月21日(水・祝)まで、というのも見逃せない。4月2日(月)からはフランス人アーティスト、ダニエル・ビュレン氏の新作インスタレーションに変わるそうなので、こちらも「新定番」となるかも。グルメもライフスタイルアイテムも、さまざまな春の顔が揃うGINZA SIX で、お気に入りの「新定番」を探してみては。