グラビア美BODY五輪(6)「美しいHIP部門後編」ノンスタイル井上を落としたH88グラドルは?

写真拡大

 平昌五輪は日本人選手のメダルラッシュに沸いたが、グラビア界に目を向ければ、世界に通じるメダル級の逸材ボディの持ち主は数多い。

 それぞれの自慢のパーツで争う美BODYの祭典が今、ここに開幕!

 男たるもの、元気があったら女のHIPを追いかけ回せ! それを再確認させてくれる日本トップクラスのHIPをご紹介。

(選考は発売中のアサ芸Secret!Vol.50より)

一ノ瀬まりな(165センチ B85・W60・H86)

 フランス人形のような愛らしい顔立ちに、別人かと思うような豊穣のHIP。人気番組で婦警コスを披露している期待のニューカマー。

階戸瑠李(162センチ B84・W59・H85)

 グラビア界ではベテランの域に入って来たが、清楚な透明感はキープしたまま。ちょっとだけボリューミーになったHIPが格別だ。

佐山彩香(158センチ B85・W60・H87)

 マラソンどころか、ホノルルでトライアスロンも完走した根性ボディ。ほどよい柔らかさをキープしてくれれば、ハードな鍛錬もOK。

佐藤衣里子(167センチ B83・W58・H83)

「平成のサトエリ」がキャッチフレーズ。グラビアだけでなく、レースクイーンとしても自慢のHIPラインで観客の目をクギ付けに。

佐藤聖羅(158センチ B88・W58・H88)

 このところ「元カレはノンスタイルの井上」ネタでバラエティに引っ張りだこだが、井上が惹かれたのはGカップか豊かなHIPか?

深田恭子(163センチ B86・W62・H88)

 あの深キョンも三十路の折り返し点まで来たとは! もちろん、このボディに劣化がないどころか、女性ファンも急増する進化ぶり。

脊山麻理子(165センチ B84・W57・H84)

 元局アナであったって、30代も後半に差しかかっていたって、いいじゃないか。これでもかと水着姿やハーフHIPを見せてくれるのは。

村上友梨(165センチ B89・W58・H84)

 グラドルの中ではダイナミックなボディで根強い人気をキープ。女優としての出演本数も多いだけに、どこを見せるかを熟知している。