きのこの肖像画「小林 路子 菌類画の世界〜きのこに会いにいきましょう!〜」京都で開催

写真拡大

「小林 路子 菌類画の世界〜きのこに会いにいきましょう!〜」が京都の美術館「えき」KYOTOで開催。会期は2018年3月8日(木)から25日(日)まで。

「小林 路子 菌類画の世界〜きのこに会いにいきましょう!〜」は、画家・小林路子による"きのこ"の肖像画を描いたアート「菌類画」を展示する企画展だ。

これまでに小林が野生のきのこを描いた作品は約900点。その一部はすでに植物や菌類図譜の世界的コレクションを誇る英国キュー王立植物園に収蔵されるなど、学術界からも高い評価を得ている。

会場では、そんな小林による菌類画の数々や"きのこ"の絵本などの原画約150点を展示。また、22名の作家による"きのこ"をモチーフにした個性豊かなグッズも登場し、"きのこ"の新しい魅力に出会うことが出来る。

さらに、3月8日(木)には小林路子本人によるギャラリートークも開催。「菌類画」のパイオニアの語りを生で聞くことが出来る貴重な機会だ。

【詳細】
「小林 路子 菌類画の世界〜きのこに会いにいきましょう!〜」
会期:2018年3月8日(木)〜25日(日)
会場:美術館「えき」KYOTO
住所:京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町ジェイアール京都伊勢丹7階隣接
開館時間:10:00〜20:00
入場料:中学生以上 500円
※百貨店の営業時間に準じ、開館時間の変更あり。※入館は閉館30分前まで。

【問い合わせ先】
ジェイアール京都伊勢丹 大代表
TEL:075-352-1111


[写真付きで読む]きのこの肖像画「小林 路子 菌類画の世界〜きのこに会いにいきましょう!〜」京都で開催

外部サイト

  • ちひろ美術館「Life展」開催、いわさきちひろ×大巻伸嗣のコラボ「まなざしのゆくえ」など
  • 「没後50年 藤田嗣治展」が2018年開催決定、初来日作品を含む史上最大級の大回顧展
  • 「明治150年展 明治の日本画と工芸」京都国立近代美術館で、リアルなフルーツの彫刻など明治の名品集結