中山11R「弥生賞」芝2000
★2歳王者のダノンプレミアムにとって、ここはあくまで通過点★
◎9ダノンプレミアム
○1オブセッション
▲8ワグネリアン
△3ジャンダルム、4リビーリング
 人気でも2歳チャンピオンの、ダノンプレミアムには逆らえない。実績、実力ともライバルをリードしているからだ。見るものに衝撃を与えた新馬戦(0秒7差)、続くサウジアラビアRCは驚異のレコード勝ち(0秒3差)、そして、2歳王者決定戦・朝日杯FSは0秒6差突き放し、次元の違う強さを見せつけている。凄いのは、正攻法の横綱相撲で3連勝を成し遂げているところ。どの角度から見ても死角は見当たらず、ここはあくまで通過点に過ぎない。

中山10R「総武S」ダ1800
★条件MAXのセンチュリオン。連軸は九分九厘堅い★
◎センチュリオン
○コスモカナディアン
▲タガノディグオ
△クインズサターン、リーゼントロック
 東京開催をパス、満を持して出走するセンチュリオンでいける。とりわけ、中山1800辰倭6勝を挙げている最高の舞台。成績が示す通り、実績は抜きん出ている。まさに、自分の庭同然のコース。馬が勝ち方を知っている、と言っても過言ではないだけに、普通に走ってくれば7勝目は間違いない。

小倉11R「太宰府特別」芝1800
★休み明け2戦目で走り頃の、ブライトムーン。牝馬限定ならチャンス大★
◎ブライトムーン
○エッジースタイル
▲ヤマニンエルフィン
△タンタグローリア、レッドベリンダ
 休み明け2戦目で走り頃の、ブライトムーンに期待。牝馬限定なら実力上位なのは、秋華賞TR・ローズSを見れば納得がいく。出遅れ、直線だけの競馬で勝ち馬に0秒7差(8着)と迫っているのだ。調子上昇に加えて、全2勝を挙げている得意の小倉コースと、勝利のお膳立ては整っている。阪神11R「大阪城S」芝1800
★地力強化の目覚ましいトリコロールブルー。一気呵成に2連勝達成だ★
◎トリコロールブルー
○アメリカズカップ
▲プラチナムバレット
△アングライフェン、ハクサンルドルフ
 素質馬のトリコロールブルーでもう一丁いける。その前走、飛鳥Sは休み明けの不利をものともせず、歴戦の古馬勢に快勝、地力強化の跡を見せつけている。もともと、皐月賞TR・スプリングS、ダービーTR・青葉賞で強敵相手に5着、7着と好戦してきたように、実力は重賞レベル。オープン特別のメンバーなら、チャンスは十分ある。ハンデ55舛盒調材料だ。