銀座の新ランドマーク「GINZA PLACE」でひと足早いお花見体験

写真拡大 (全5枚)

◆銀座の新ランドマーク「GINZA PLACE」でひと足早いお花見体験

※昨年の様子
銀座4丁目の交差点に佇む「GINZA PLACE」は、2016年に誕生した銀座の新ランドマーク。昨年53万人が訪れたひと足早いお花見ができる人気イベント「GINZA “sakura” PLACE 2018」が今年も開催される。2018年3月1日(木)から4月22日(日)の間、桜の生木の展示や花びらが舞う外観のライトアップ、桜をテーマにしたグルメ、イベントなどを実施。まだまだ寒い日が続くけれど、暖かい屋内で春を感じられるはず


期間限定外装照明デザイン「桜モード」
ライトアップも。銀座の中心が桜で彩られ春爛漫に
ひと足早く春を感じるなら、桜の生木が飾られる3月11日(日)までの期間に訪れるのがおすすめ。植物のスペシャリストが開花調整の技を駆使して咲かせた満開の桜を、館内の4カ所で見られる。
また、銀座4丁目の交差点に面した外装照明は、イベント期間中ずっと「桜モード」に。ソメイヨシノや里桜などのさまざまな濃淡の桜色の花びらがひらひらと舞い散るイメージが表現され、繊細な動きで春の訪れを演出。毎時0分には、無数の花びらが風にあおられ桜吹雪のように空中を舞う姿が映し出され、ときめくこと間違いなし。心躍る華やかな彩りを楽しみに、会社帰りに彼や同僚と出かけよう。


左から、「銀座ライオン」のデュワーズ桜ハイボール、「CROSSING CAFE」の自家製ストロベリービネガーソーダ、「BISTRO MARX」のトライフル“桜”、「神戸プレジール銀座」のランチコースよりデザート
今しか味わえない、春にぴったりのメニューが勢揃い
館内のカフェやレストランからは、季節限定グルメが続々と登場する。
華やかな味わいと桜の香りがマッチする「銀座ライオン」のデュワーズ桜ハイボールや、すっきりとした酸味と甘さがたまらない「CROSSING CAFE」の自家製ストロベリービネガーソーダなど、ドリンクメニューも多彩。
また、「BISTRO MARX」では、桜の味わいと香りが楽しめるデザート「トライフル“桜”」が登場。桜の葉を混ぜ込んだビスキュイや桜のカスタードクリーム、苺のコンポートなどのハーモニーはもちろん、見た目も美しい。
「神戸プレジール銀座」では桜尽くしのランチコースも。前菜から始まり、桜のソースで香りをつけた魚料理や、極上の神戸ビーフを桜の塩で召し上がれ。


別所氏の過去の桜作品
カメラレッスンや写真家によるトークショー開催
そのほか、4階のソニーストアで楽しめる無料イベントも魅力的。3月11日(日)までは、店内にひと足早く咲く満開の生木の桜をソニーのデジタル一眼カメラ αを使って撮影できる特別体験イベントが行われる。専門知識を持つスタッフがコツを教えてくれるから、初心者でも安心。また、3月10日(土)にはプロカメラマン別所隆弘とSNS人気フォトグラファーによる、桜をテーマにした無料のトークショーも。桜作品を4K有機ELテレビ BRAVIAで鑑賞しながら、撮影術などを聞くチャンス。予約不要だから、買い物ついでに立ち寄ってみて。