マックとモスがまさかの“コラボ”

写真拡大

マクドナルドモスバーガー。言わずと知れた日本のハンバーガーチェーン2トップだが、このたび、そんな両社がツイッター上で「#奇跡の偶然」をキーワードにかけ合いを行い、話題を呼んでいる。

ことの発端は両社が発売した新商品のCM。現在放映されているモスバーガーのテレビCM「マルデピザ ナポリ」篇では、イタリアの楽曲「オー・ソレ・ミオ」の替え歌を使用しているが、実はマクドナルドの新テレビCM「チーズボロネーゼをカケテミーヨ」篇でも同曲が使用されている。この“楽曲かぶり”は双方が狙っていたものではなく、あくまで偶然の産物だった。

関係者によると、マクドナルド側がCM制作中に“楽曲かぶり”に気付いたそうで、普通であれば後発であるマクドナルドが楽曲差し替えなどを検討してもおかしくない状況だったが、マクドナルドはモスバーガーに声をかけ、「この偶然を活かして何か面白いことをやりませんか?」と提案。モスバーガーも共感し、両社によるツイッターでのかけ合い「#奇跡の偶然」が実現したという。

マクドナルドはツイッター公式アカウントで「バーガー業界イタリアンフェア!なんちゃって(笑)@mos_burger様・・・かぶってしまって、すみません」と投稿しており、モスバーガーも「【@McDonaldsJapan】さん メッセージありがとうございます。 いえいえ、本当に #奇跡の偶然ですね! ビックリです 日本のハンバーガーをもっとおいしく♪ハンバーガー業界を一緒に盛り上げていきましょう」と反応するなど、今回の一件を心から楽しんでいる様子。

多くのユーザーも、ライバル関係を乗り越えたまさかの“コラボ”に、ほっこりした気持ちになっているようだ。