ジェイソン・ルイス(Jason Lewis) photo : Getty Images

キム・キャトラルの弟の死をきっかけに決定的になったサラ・ジェシカ・パーカーとキムの対立。ドラマ「セックス・アンド・ザ・シティ」でキムの恋人を演じたあの俳優が、どちらの味方につくかを表明した。

キム・キャトラル演じるサマンサ・ジョーンズの恋人スミスを演じたジェイソン・ルイス。先週、テレビ番組に新作のプロモーションのために出演した。

新作はドラマ「セックス・アンド・ザ・シティ」とは何の関係もないものの主演のサラ・ジェシカ・パーカーとキム・キャトラルの険悪な関係は目下、世界中の興味の的。そのため、ジェイソンにも2人に関する質問が。「何もいいことが言えないなら、何も言わない」とはぐらかそうとしたジェイソン。でも「サラはとても親切で完璧なプロだったと言わざるをえないだろうね。それに人は相手の優しさや与えてもらったものを忘れるべきではないと思う。他にいいことは何も言えないから、ここでやめておくよ」。

映画『セックス・アンド・ザ・シティ』 ジェイソン・ルイス(Jason Lewis)、キム・キャトラル(Kim Cattrall) photo : AFLO

でも番組の司会者に「サラの味方? それともキムのチーム?」と問い詰められたジェイソン。サラの味方だと「言わなくてはいけないだろうね」。続けて「サラはとても優しい女性なんだ。彼女は僕にとても優しくしてくれたよ」。

無理やり言わされた雰囲気だけれど、ジェイソンがサラの味方だと表明した事実は変わらない! キムはSNSでサラを「偽善者」と呼び真っ向から対立して以降、沈黙を守っている。ジェイソンの発言にキムが反応するのか見守りたい。

text: Yoko Nagasaka