庭園の桜とアートな桜を楽しむ、トーハクだけの特別なお花見イベント「博物館でお花見を」

写真拡大 (全6枚)

◆庭園の桜とアートな桜を楽しむ、トーハクだけの特別なお花見イベント「博物館でお花見を」

飛鳥山花見  鳥居清長筆 江戸時代・18世紀 本館10室 3/20 (火)〜
自慢の庭園に約10種類の桜が花を咲かせる、春の東京国立博物館。2018年3月13日(火)から4月8日(日)までは、見頃を迎えた桜の花とともに桜やお花見をモチーフにした美術品を鑑賞できるお花見企画「博物館でお花見を」が開催される。この時期限定のイベントもたくさんあるので、トーハク(東京国立博物館)ならではの特別なお花見体験を満喫して。


観桜図?風 住吉具慶筆 江戸時代・17 世紀 西脇健治氏寄贈 本館7室 3/20 (火)〜 (部分)
「本館桜めぐり」には、国宝をはじめ花見客の賑わいを描いた名作が
トーハクの本館では、400年前のお花見の賑わいを今に伝える国宝「花下遊楽図?風 (かかゆうらくずびょうぶ)」をはじめ、桜をモチーフにした名作絵画の数々を展示する「本館桜めぐり」を開催。トップ画像の鳥居清長筆「飛鳥山花見(あすかやまのはなみ)」には、八代将軍・徳川吉宗ゆかりの桜の名所で、花にも負けないような華やかな美人が揃ってお花見をする様子が描かれている。

また、住吉具慶筆「観桜図?風 (かんおうずびょうぶ)」には、平安時代の歌物語「伊勢物語」を題材にして、狩りに出かけた山でお花見に興じる天皇の皇子・惟喬(これたか)親王などの姿が。こうした作品を見ていると、今も昔も、満開の桜の下ではみんなの心が浮き立つことに共感できそう。


左:振袖 染分縮緬地枝垂桜菊短冊模様 江戸時代・18世紀 本館10室 右:色絵桜樹図透鉢 仁阿弥道八作 江戸時代・19世紀 本館13室
「本館桜めぐり」では絵画だけでなく、桜をモチーフにした工芸品やサクラの木を使った仏像など、さまざまな桜に関連した作品も展示する。

左の友禅染の「振袖 染分縮緬地枝垂桜菊短冊模様(ふりそで そめわけちりめんじしだれざくらきくたんざくもよう)」は、肩にかかるしだれ桜が優美な印象。この着物のように上と下で模様を沸けるデザインは、江戸中期に流行したのだとか。この着物を着ていた江戸時代の女性も、当時は流行の先端をゆくおしゃれさんだったのかも。

右の「色絵桜樹図透鉢(いろえおうじゅずすかしばち)」は、江戸後期の天才陶芸家「仁阿弥 道八(にんあみ どうはち)」の作で、真横から見ると、透かし模様の向こうにも満開の桜が広がる趣向が面白い。


庭園ライトアップ風景
例年より期間が長い春の庭園開放。夜桜を満喫できるライトアップも
3月13日(火)から例年より長い5月20日(日)までの間は、博物館の本館北側に広がる庭園を期間限定で開放する「春の庭園開放」を実施。庭園には池を中心に5棟の茶室があり、約10種類の桜が次々に花を咲かせる様子を情緒あふれる風景と共に眺められる。ただし、悪天候により中止の場合もあるので、ご注意を。

期間中は「さくらカフェ」として、ファッションやコーヒーを愛する人たちの熱い視線を集めている「MOTOYA EXPRESS(モトヤエクスプレス)」のキッチンカーが登場し、桜を眺めながら優雅なコーヒータイムも楽しめる。展示室で桜の名品を見た後に、本物の桜を眺められるから、お花見が2倍楽しめるのも嬉しい。

3月30日(金)、31日(土)、4月6日(金)、7日(土)には、ライトアップも実施されて、時間も19時30分まで延長される。夜の庭園を自由に散策しながら、幻想的に浮かび上がる桜の花を満喫したい。


庭園風景
博物館ならではの鑑賞ガイドやセミナーなど知的なお花見体験も魅力
また、桜にちなんだ多彩なイベントも開催される。例えば、作品の見どころをダイジェストで紹介してくれる「鑑賞ガイド」や、古典に登場する春の香りや国宝についてレクチャーが受けられる「桜ギャラリートーク」、桜の絵画をひもとく「桜セミナー」など、知的なお花見体験ができるのも博物館の魅力の1つ。事前申し込み不要で、当日の入館料だけで参加できるので、興味のある人は公式HPでチェックして。

このほか、「東京・春・音楽祭」の参加アーティストによる無料のミニコンサート「桜の街の音楽会」もあるから、時間が合えば音楽と共にお花見ができるかも。春の上野にあって隠れた桜の名所でもある東京国立博物館で、本物の桜とアートの桜を同時に楽しんで。