画像提供:マイナビニュース

写真拡大

アクセーヌはこのほど、「肌の不調」に関する意識・実態調査の結果を発表した。調査期間は2018年2月9〜13日、有効回答は20〜30代女性500人。

肌の不調を感じる頻度を尋ねたところ、「月に1回以上」との回答は78%にのぼったのに対し、「月に1回未満」は22%にとどまった。肌の不調を感じるときの状態は「肌がかさつく」(63%)と「ニキビや吹き出物ができる」(62%)がほぼ同率、次いで「化粧のりが悪くなる」(44%)となった。

以前と比べて、肌の不調を感じる頻度が増えた人は半数以上の51%。肌の不調が続く期間は「1週間程度」が38%と最も多く、以下、「2〜3日」が30%、「2週間程度」が11%、「1カ月以上」が8%と続いた。

肌不調の際、自身の行動にどんな影響が及ぶかとの設問に対し、「ゆううつな気持ちだが普段と同じ行動をしている」と答えた割合は8割近い78%だった。

肌が不調なときに実際にしているスキンケアを聞くと、「普段と全く変えない」が40%、「普段より使用する量を多くする」が39%、「普段より積極的なケアができるアイテムに変える」が14%との順に。一方、自分が行っていることが「正しいケア」だと思うかとの問いに対しては、「そう思わない」が27%、「正しいかどうかわからない」が28%となり、計56%が「スキンケア迷走中」であることがわかった。