インテルは「サッカー大学」…ラフィーニャ、バルサから加入の理由とは

写真拡大

『Gazzetta dello Sport』は24日、「インテルMFラフィーニャは、セリエAに来た理由について話した」と報じた。

バルセロナで長く怪我に苦しんだラフィーニャは、今冬のマーケットでインテルへと貸し出された。半年のローンであるが、買い取りオプションが付随している。

なぜその選択をしたのか?彼は以下のように話し、世界レベルのクラブに来たんだと語ったという。

ラフィーニャ

「僕は今いい感じだよ。正しいリズムを見出しつつあるんだ。

今は少しだけ痛みがあるが、怪我の後だから正常なことだよ。

ルチアーノ・スパレッティ監督は、僕をサブとして使っている。現時点でそれはとても知的な選択だ。

もし僕が必要なら、スタートから出ていく準備は出来ている。彼がそれを命ずるかどうか、それにかかっているよ。

僕は、他人と顔を突き合わせて物事をいう人々を好む。スパレッティ監督はそういう男だ。

我々は電話でも話していたよ。バルセロナにいたころからね。サッカーのアイデアを議論していた。

彼は、僕がミッドフィルダーとしてプレーできること、さらにアタッカーもこなせることも知っている。

キャリアのある瞬間には、偽9番として使われていたこともあった」

(なぜ1月にインテルへ来たの?)

「リオネル・メッシ、ルイス・スアレス、そして他の皆が言っていたよ。君は多くの歴史を持つ世界レベルのクラブに行くんだと。

誰もいないサン・シーロに魅了されたが、ファンが入っても本当に特別なスタジアムだね。

ミラノダービーは世界中の話題になる試合だ。バルセロナ対レアル・マドリー、ボカ・ジュニオルス対リーベル・プレートに匹敵する。

若い頃、僕はロナウドとアドリアーノに夢中だったんだ。

プレッシャーは感じていない。人々の温かい歓迎が、更なるモチベーションをくれた。チャンピオンズリーグ出場権を獲得するための条件は、我々は全て備えているよ。

来季もここで続けたい。インテルに残っている自分を想像しているよ。なぜなら、回復してバルセロナに戻るために来たわけじゃないからね。

ここに残ることを考えているよ。もちろん、自分の将来はインテルの判断にかかっているけどね」

(チャンピオンズリーグに行けるなら、ミラノダービーは負けてもいい?)

「いいや、ダービーに勝ちたいよ!そうしたらチャンピオンズリーグは自然とやってくるさ」

(父親のマジーニョはイタリアでプレーしていたね?)

「父親は、ここにはたくさんの戦術があることを教えてくれたよ。ここはサッカーの大学のようなものだとね。

ダニ・アウヴェスとも話した。彼もユヴェントスで多くのことを学んだと言っていたよ」