初公開がいっぱい!スヌーピーとおもしろサイエンスアートがコラボした展覧会

写真拡大 (全6枚)

◆初公開がいっぱい!スヌーピーとおもしろサイエンスアートがコラボした展覧会

松岡ミチヒロ作「SPEED ACE」 (C) 2018 Peanuts Worldwide LLC
人気キャラクター「スヌーピー」と、サイエンスアートが初めてのコラボレーション。2018年3月1日(木)から19日(月)まで、松屋銀座ではスヌーピー×おもしろサイエンスアート展「SNOOPY(TM) FANTARATION」を開催する。日本の造形作家やフィギュア作家が制作したサイエンスアートのコラボ作品など、これまで見たことのない新しいスヌーピーの世界が広がりそう。


「からくりオブジェ」(C) 2018 Peanuts Worldwide LLC
約4半世紀ぶりの里帰り展示や初公開の進化系4Dモザイクアートも
展覧会のタイトルとなっている“ FANTARATION(ファンタレーション)”とは、ファンタスティックとインスピレーションを組み合わせた造語で、「素敵な直感」を意味する言葉なのだとか。イベントの仕掛け人は、スヌーピーの生みの親である漫画家のチャールズ M. シュルツ氏と親交があった日本人アーティストの大谷芳照氏。

今回は、大谷氏がシュルツ氏監修のもとで「スヌーピータウン」プロジェクト(大阪)のために制作して、アメリカに寄贈されていた作品「からくりオブジェ」を、約4半世紀ぶりに特別展示。一部のキャラクターは動くそう。

このほかに大谷氏は、「ピーナッツ」の漫画を約5000枚も使ったという大作「4Dモザイクアート」も初公開。この作品は、アメリカのシュルツ美術館で制作したモザイクアートの進化系で、アートの中を通り抜けることもできる。


「スヌーピーダンスロボ」(左:正面 右:横)(C) 2018 Peanuts Worldwide LLC
踊るスヌーピーのロボットなどコミカルで不思議なサイエンスアート
「SNOOPY ROBOゾーン」では、愛知工業大学の協力で完成した初公開のロボット「スヌーピーダンスロボ」、4足歩行から2足歩行に進化する「スヌーピーロボ」など、合計3体のロボットを展示。スヌーピーがどんなダンスを踊るのか、考えただけでも楽しくなる。

さらに「デジタルインタラクティブ ゾーン」では、愛知工業大学の協力による「スヌーピー不思議4コマ漫画」や影になってスヌーピーと遊べる「スヌーピーマジックシャドー」なども展示される。

「スヌーピーファンタレーション ゾーン」には、日本の造形作家やフィギュア作家など第一線で活躍するアーティスト8組が集結。トップ写真の「SPEED ACE」を制作した松岡ミチヒロ氏などが、日本初公開のスヌーピー作品約10点を披露する。


左「Mocchi-Mocchiフェイス型ぬいぐるみ」4104円、右「Mocchi-Mocchiフェイス型マスコット」1296円 (C) 2018 Peanuts Worldwide LLC
展覧会オリジナルは約350以上!ファンにはたまらないグッズの数々
また、グッズコーナーには、会場でしか買えない展覧会オリジナル約350アイテム以上を含むスヌーピーグッズを、約600アイテムも販売予定。

「Mocchi-Mocchi(もっちぃもっちぃ)フェイス型ぬいぐるみ」(4104円)は、きめ細かい綿と伸縮性の高い生地を使った、さわり心地のいいスヌーピーのフェイス型ぬいぐるみ。同じデザインの「マスコット」(1296円)もあるので、セットでモフモフしてみたい。


「フラットバッグS」1620円 (C) 2018 Peanuts Worldwide LLC
ほかにも、思わずコレクションしたくなるカラフルなラインナップの「フラットバッグ」(S 1620円)や、スヌーピーのイラストがかわいいお箸(1296円)など、ファンにはたまらないグッズがいっぱい。

最先端の化学や技術だけでなく、あっと驚く仕掛けや驚きに満ちた、コミカルでハートフルなサイエンスアート。その新しい試みを、大好きなスヌーピーと一緒に楽しんで。