「未来世界遺産展」が表参道で - 空想の世界遺産を描いた10mの巨大絵画展

写真拡大

巨大絵画を展示する展覧会「未来世界遺産展」が、2018年3月23日(金)から3月25日(日)まで、東京・表参道の「SO CAL LINK GALLERY」にて開催される。

「未来世界遺産展」は、"未来に発見されるかもしれない世界遺産の絶景"を、10メートルもの巨大絵画で体験することができる展覧会。ずっとそこにいたくなるような景色や、一生に一度は行きたくなるような絶景の絵画3点が展示される。

絵画の前では、世界各地を巡る人からの手紙が渡される。その手紙には、その街であった出来事や心温まるエピソードなどが日記として書かれており、実際の絵の中にそのエピソードの場所を探すことができる。展示される3点の絵画は一つのストーリーでつながっており、最後の絵画の手紙には感動的な物語が設定されているという。絵の中と手紙の内容がリンクし、まるで一緒に旅をしているような感覚を味わうことができる。

【詳細】
「未来世界遺産展」
開催期間:2018年3月23日(金)〜3月25日(日)
時間:10:00〜20:00
場所:表参道 SO CAL LINK GALLERY
住所:東京都渋谷区神宮前4-9-8
入場料:無料


[写真付きで読む]「未来世界遺産展」が表参道で - 空想の世界遺産を描いた10mの巨大絵画展

外部サイト

  • ホテル雅叙園東京「百段階段」で“猫づくしの展覧会”、40名の作家による800点以上のお宝猫アート
  • 横浜美術館で「ヌード NUDE ―英国テート・コレクションより」ロダン《接吻》日本初公開
  • “現代の春画・妖怪画”佐伯俊男、エロス・ユーモア・ホラーを交ぜた国内最大規模の展覧会『雲然』