『BLEACH』 ©久保帯人/集英社 ©2018 映画「BLEACH」製作委員会

写真拡大

映画『BLEACH』の特報が公開された。

【動画と画像を見る(4枚)】

7月20日から公開される同作は、久保帯人による同名漫画の実写版。霊が見える高校生・黒崎一護が突然現れた死神・朽木ルキアから死神の力を与えられ、家族や仲間のために「虚」と呼ばれる悪霊たちと戦う様を描く。一護役を福士蒼汰、ルキア役を杉咲花が演じる。監督は佐藤信介。

公開された特報では、巨大な虚と対峙する一護の姿や、「死神になれ。悪霊を倒すことができるのは死神だけ」と一護に告げるルキアの様子、ルキアが一護に死神の力を受け渡すシーン、死神になった一護が悪霊を切りつける場面などが確認できる。

一護役の福士蒼汰は「印象的なシーンはたくさんありますが、一護が死神になる衝撃的な始まりは自分にとっても好きなシーンですし映像的にも試行錯誤しながら皆で作り上げました」とコメント。

ルキア役の杉咲花は悪霊とのシーンについて「現場では悪霊<虚>が実際にどのようになるのか分からない中での撮影でしたので、想像力を膨らまし、監督と話し合いながら撮影に臨みました」と語っている。

なお同作の撮影は2016年9月に始まり、11月にクランクアップ。その後1年以上を費やし、CGを作り上げているという。