神奈川県茅ヶ崎市で、小学2年生だった男子児童が日常的にいじめを受け、2年にわたり不登校になっていることが分かった。担任だった30代の女性教諭は「同級生が一方的に殴る蹴るの暴力を繰り返していたが、注意することが面倒になった」などと話し、いじめを放置していたという。NHKニュースが報じた。

「注意するの面倒」担任がいじめ放置 小2が2年不登校(NHKニュース)