画像はイメージです

写真拡大

 左回りは苦手か・・・。先週浦和競馬場でおこなわれた「第10回ユングフラウ賞(SII)」。本命に推した優しい瞳が綾瀬はるかのようなストロングハートは、まずまずのスタートから押して2番手のポジションを取る。道中は行きっぷりが悪く、向正面から促しながらの追走。3コーナー手前から鞍上の手が激しく動き、先頭について行くのがやっと。直線に入ると逃げたエターナルモールを捉えるどころか、追い込んできたグラヴィオーラに交わされ3着。左手前に比べ、右手前になるとややスムーズさを欠いているように見え、左回りより右回りの方が向いているのではないでしょうか。次走以降、右回りの競馬場で出走してきた際には注目です。

 さて、今週は「第62回金盃(SII)」が大井競馬場でおこなわれます。

 本命には、サブノクロヒョウを推します。近3走は10着、5着、7着と、着順だけ見ると精彩を欠いているように思えますが、内2戦は東京大賞典、JBCクラシックと中央、地方とも一線級ばかり。それでもJBCクラシックでは、JRA勢が上位を独占する中、アポロケンタッキーには先着し、地方馬最先着。前走の東京大賞典では、+7kgの馬体重が示している通り、やや余裕のある仕上げとなってしまい、本来の力が発揮できず。明けて5歳になりますが、ロージズインメイ産駒は成長力があり、まだ衰える歳でもありません。追い切りではしっかりと動けており、このメンバー、この距離なら巻き返してもおかしくありません。

 対抗には、取り消し明けになりますが、追い切りの動きが良かったウマノジョー。昨年後半から精彩を欠いていますが、前半は金盃を2着し、勢いそのままに次走ダイオライト記念で最速の上がりを使って3着と、キャリアベストでした。ここのところの追い切りを比較すると、復調の兆しを見せる動きをしており、復活の可能性十分です。

 ▲は、長距離戦では崩れない南関東長距離界の大御所ユーロビート。

 以下、クラージュドール、アサクサスターズまで。

◎(7)サブノクロヒョウ
○(9)ウマノジョー
▲(14)ユーロビート
△(12)クラージュドール
△(3)アサクサスターズ

買い目
【馬単】5点
(7)→(3)(9)(12)(14)
(9)→(7)
【3連複1頭軸流し】6点
(7)-(3)(9)(12)(14)
【3連単フォーメーション】9点
(7)→(9)(14)→(3)(9)(12)(14)
(9)→(7)→(3)(12)(14)

※出走表などのデータは、必ず公式発表のものと照合し確認して下さい。<プロフィール>
ハッシー
山梨県出身。学生時代大井競馬場で開催された大学対抗予想大会の優勝メンバーの一員。大学卒業後北海道へ渡る。浦河にある生産牧場を経て、在京スポーツ紙に入社。牧童経験を活かし、数々の万馬券を的中する。中にはパドックで推奨した4頭で決まり、3連単100万越えあり。