映画『ランペイジ 巨獣大乱闘』ドウェイン・ジョンソン主演、巨大怪獣パニック・アクション!

写真拡大

映画『ランペイジ 巨獣大乱闘』が、2018年5月18日(金)より全国公開される。

80年代のゲームを実写化

1986年に発売されたアーケード・ゲーム「ランペイジ(RAMPAGE)」を実写化したブラッド・ペイトン監督映画『ランペイジ 巨獣大乱闘』。遺伝子実験の失敗により巨大化した動物たちが暴れまわり、『パシフィック・リム』や『キングコング:髑髏島の巨神』さながらの巨大怪獣パニック・アクションが繰り広げられる。

巨獣たちが同じ街に集まり、街を破壊し続ける理由は何なのか。人類には巨大動物たちを止める術があるのか。ストーリー展開に期待が高まる。

また、世界最高の視覚効果VFXチーム・ウェタデジタル社によるCGにより表現された、ゴリラやオオカミ、ワニなどのリアルな巨獣達も見どころだ。

ドウェイン・ジョンソンが主演

主演を務めるのは、『ワイルド・スピード』シリーズなどのアクション映画で活躍し、2018年4月には『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』、9月には『スカイスクレイパー』の公開を控えるドウェイン・ジョンソン。さらに『ムーンライト』で第89回アカデミー賞助演女優賞にノミネートされたナオミ・ハリスらが脇を固める。

なお、日本版ポスターは『レ・ミゼラブル』『アサシンクリード』『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』などのコンセプトアートを手掛ける田島光二がデザイン。『ブレードランナー2049』、『パシフィック・リム:アップライジング』にも参加するハリウッドが認める日本人アーティストだ。

ストーリー

ある遺伝子実験の失敗によって、ゴリラ、オオカミ、ワニなどの動物たちが巨大化、凶暴化してしまった。しかも動物たちの巨大化は止まらず、その姿はもはや怪獣と化してしまう。巨大化が止まらない怪獣たちは、ある場所を目指して、北米大陸を破壊しながら横断していく。やがて一か所に集結した怪獣たちは、街を舞台に大乱闘を始める。崩れ落ちる高層ビル群。逃げ惑う人々。軍隊も出動するが、破壊を止めない怪獣たちには銃もミサイルも効かない。怪獣たちの目的はいったいなんなのか?彼らはどこまでデカくなるのか?人間は地上最強の生物となってしまった怪獣たちの大乱闘を止めることができるのか?『パシフィック・リム』『キングコング:髑髏島の巨神』に続く、巨大怪獣パニック・アクション!

【詳細】
映画『ランペイジ 巨獣大乱闘』
公開日:2018年5月18日(金)より全国公開
原題:RAMPAGE
監督:ブラッド・ペイトン
出演:ドウェイン・ジョンソン、ナオミ・ハリス、マリン・アッカーマン、ジェイク・レイシー、ジョー・マンガニエロ、ジェフリー・ディーン・モーガン
配給:ワーナー・ブラザース映画
©2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.


[写真付きで読む]映画『ランペイジ 巨獣大乱闘』ドウェイン・ジョンソン主演、巨大怪獣パニック・アクション!

外部サイト

  • 映画『パシフィック・リム:アップライジング』巨大ロボットvs怪獣再び
  • 映画フェス情報2018 - 屋内&星空の下で上映される世界の名作や近年話題作
  • ディズニー/ピクサー映画『インクレディブル・ファミリー』あのスーパー家族が再び