春のダート王決定戦「第35回フェブラリーS」(GI・ダート1600叩16頭)は単勝4番人気のノンコノユメ(57粗眦帖’邱騎手)が最後の直線でメンバー最速の差し脚(上り36秒1)を爆発させ優勝。悲願のGI(JRA)初制覇を達成した。勝ちタイムは1分36秒0。一方、2連覇を目指した人気のゴールドドリームは、ノンコノユメの差し脚に屈し