提供:週刊実話

写真拡大

 背が低いことを気にする人に、ちょっとした朗報がある。

 一般的に人は、20歳前後で成長期が終わり、身長は伸びないといわれている。しかし実際は、それ以降も少しずつ身長が伸びているのである。急激に伸びるわけではないものの、微々たる成長を続け、35〜40歳で最も高くなるのだ。伸び幅は人ぞれぞれなのだが、中には「30代になってからでも2センチ以上伸びた!」という人もいる。

 20代で老化は始まり、40歳を過ぎれば誰もが本格的に老いを感じて、身長も縮んでいく一方となる。しかし、背が低いと悩んでいる40歳以下の方にも、まだチャンスはある。牛乳に相談だ!