「ハゲを認めない」というダイアン・西澤裕介をたしなめていた雨上がり決死隊・宮迫博之

写真拡大

2月17日放送の「さんまのお笑い向上委員会」(フジテレビ系)に登場したダイアン。麒麟・川島明が、後輩で親交があるダイアン・西澤裕介に苦言を呈する場面があった。

【写真を見る】「みんな泉谷しげるさんみたいな(ハゲの)感じで言うてくるんですけど、そんなにハゲていない」と抵抗するダイアン・西澤裕介(左)

関西屈指のボケ芸人として高い人気を誇り、今年東京に進出。ブス界の新星として躍進中の西澤だが、実は自分がブサイクなことを認めておらず、川島はその姿勢に納得がいかないという。「よく見ると顔がブチャイク。(東京に進出するなら)ルックスとかも開き直って武器してやっていった方がいい!」とアドバイスするが、西澤はこれを断固拒否。さらに川島は、西澤が自分のハゲを一切認めず、自宅からガチガチにヘアスプレーで固め、飴細工みたいにしてくると暴露し、相方である津田篤宏ですら、セット前の西澤の頭を見たことがないという。

西澤は「現場に来てやるのが面倒くさいだけ。みんな泉谷しげるさんみたいな(ハゲの)感じで言うてくるんですけど、そんなにハゲていない」と抵抗するが、雨上がり決死隊・宮迫博之らは「(例えるなら)もっとおるやろ! ハゲの人は…」とコメント。明石家さんまも「絡みにくい名前を出すな! お前も〜(笑)」とツッこむが、西澤は「いや本当にそこまでハゲていない…」と最後まであくまでハゲ疑惑を否定し続けた。

最後は、ロッチ・中岡創一が「西澤くんはたしかにブスから逃げてる。もっと“ブスを使え!”と思う」とアドバイスする場面も…。

だがネット上では、「西澤さんはかっこいいやろ」「顔が昔からタイプ」「ダイアン・西澤のブスイジりに驚いた」との声が多数寄せられており、東京でのブスイジりに波紋を呼ぶ結果となったようだ。

次回の「さんまのお笑い向上委員会」は2月24日(土)夜11:10より放送予定。(ザテレビジョン)