ハッシー

写真拡大

【今週の予想】

☆東京5R 3歳新馬(芝1800m)

 除外ラッシュが続く新馬戦。除外の権利を取るために投票したが、入ってしまうケースもしばしば。素質だけでなく、仕上がり具合も重要となる。ここはダノンキャンディを狙う。CW中心に長めの距離を入念に乗り込まれており、仕上がりに不安はなし。血統的にも姉に14年阪神JFを制したショウナンアデラがおり、走る要素は揃っている。スピード感が狂うような雄大なフットワークでデビュー勝ちを狙う。

◎ダノンキャンディ
○オルトルート
▲アドマイヤヒビキ
△₁ルナフィリア
△₂ダカーポ
△₃ライラックカラー

買い目
【馬単】6点
◎⇔○▲△₁
【3連複2頭軸流し】4点
◎○-▲△₁△₂△₃
【3連単2頭軸マルチ】24点
◎○⇔▲△₁△₂△₃

☆京都10R 斑鳩ステークス(芝1400m)

 パルティトゥーラが巻き返す。前走はまずまずのスタートを切ったものの、勝負どころでポケットに入ってしまい、スムーズな加速ができず6着。スッと加速できるタイプではないだけに、スムーズな加速ができなかったのは痛かった。前々走の脚を見ても、スムーズに加速が出来ればこのクラスでも勝ち負けできる力はある。8頭立てと少頭数の今回は、スムーズに加速できる可能性は高い。勝機十分。

◎パルティトゥーラ
○ダイメイフジ
▲ロライマ
△₁ペガサスボス
△₂エントリーチケット

買い目
【馬単】4点
◎→○▲△₁
○→◎
【3連複1頭軸流し】6点
◎-○▲△₁△₂
【3連単フォーメーション】9点
◎→○▲→○▲△₁△₂
○→◎→▲△₁△₂

☆東京11R フェブラリーステークス(GI)(ダート1600m)

 昨年のチャンピオンズCの再戦となる可能性が高いと見る。本命はゴールドドリーム。前走のチャンピオンズCでは、先行した3頭が2〜4着と前有利な展開だったが、4角11番手から目の覚めるような末脚で差し切った。特に残り150mからの脚は驚愕。戦績が安定しないが、東京は4戦3勝2着1回とパーフェクト連対。追い切りは坂路で追われ、5F49秒8と文句なしの動き。得意の舞台で状態も万全なら崩れることは考えにくい。相手本線はチャンピオンズCで2着だったテイエムジンソク。どんなペースでも自分のペースで競馬が出来ればしぶといのは大きな武器。ここ7戦5勝(内重賞2勝)2着2回と充実一途。前走の東海S(GII)では、楽にハナを奪うと直線はしっかりと伸びて着差以上の強さ。一度使われて状態は更に上がっており、初のGI制覇へ闘志を燃やす。一発ならベストの条件で巻き返しを図るインカンテーション。以下、ノンコノユメ、サンライズノヴァ、キングズガードまで。

◎(14)ゴールドドリーム
○(10)テイエムジンソク
▲(6)インカンテーション
△(12)ノンコノユメ
△(16)サンライズノヴァ
△(9)キングズガード
好調教馬(14)(10)(13)

買い目
【馬単】6点
(14)→(6)(12)(10)(16)
(6)(10)→(14)
【3連複1頭軸流し】10点
(14)-(6)(9)(10)(12)(16)
【3連単フォーメーション】20点
(14)→(6)(10)(12)→(6)(9)(10)(12)(16)
(6)(10)→(14)→(6)(9)(10)(12)(16)

※出走表などのデータは、必ずJRA公式発表のものと照合して下さい。<プロフィール>
ハッシー
山梨県出身。浦河にある生産牧場を経て、在京スポーツ紙への入社。牧童経験を活かし、数々の万馬券を的中する。中にはパドックで選んだ4頭で決まり3連単100万円越えもあり。予想スタイルは馬の適性、過去のレース内容、調教を重視。