東京でも花粉飛散開始 花粉症の方は対策を万全に

2018/02/16 06:02 ウェザーニュース

15日(木)は関東では晴れて暖かくなり、東京都心では最高気温が15℃超えました。暖かくなると注意したいのが花粉。ついに東京でも花粉の飛散が開始しました。また、千葉・茨城・静岡・群馬でも、花粉が飛び始めました。

昨年よりも遅い飛び始め

15日(木)に花粉の飛散が始まった各地では、昨年よりも遅い花粉飛散の開始となりました。<各地の飛散開始時期> 東京都・千葉県・茨城県:昨年よりも16日遅く、平年よりも12日遅い 静岡県:昨年よりも13日遅く、平年よりも5日遅い 群馬県:昨年よりも10日遅く、平年よりも10日遅い(花粉飛散開始日の平年:2008年〜2017年の10年の飛散開始日)

独自の花粉観測機で花粉をカウント

東京都内に設置された花粉観測機で全体の39%程度が花粉を10個以上カウント。会員の方からの症状報告でも、約36%の方が症状を感じ始めている状況となっています。中には、すでに非常につらい症状との報告も約2%ありました。【花粉飛散開始】各都道府県の独自花粉観測器(ポールンロボ)のうち、花粉を10個以上観測したものが3割以上ある日が2日以上あること。それに加え、会員からの症状報告も参考にしている

関東の花粉飛散のピークは?

2月後半になると大量にスギ花粉が飛ぶ日も増えはじめ、3月の前半がピークとなりそうです。3月後半になると、だんだんとスギ花粉の飛散量は減っていく見込みです。ただ、今度はヒノキ花粉が飛び始め、4月前半が飛散のピークとなる予想です。

今後の花粉飛散は?

まだ花粉が飛散していないところでも、いつ飛散開始となってもおかしくない状況です。敏感な方は早めから対策を行ってください。