提供:リアルライブ

写真拡大

【今週デビューの注目馬】

☆ウェディングフォト

 2018年2月17日(土)東京第2Rダート1400m戦に出走予定のウェディングフォト。馬名の由来は「結婚式の写真」。牡、鹿毛、2015年5月6日生。美浦・高橋祥泰厩舎。父キングズベスト、母ピクチャープリンセス、母父Sadler’s Wells。生産は日高町・ダーレー・ジャパン・ファーム、馬主はH.H.シェイク・モハメド氏。近親には芝2200m以上で3勝を挙げたストンライティング(父ストーミングホーム)がいる。本馬は、全体的にしっかりとした造りで幅があり、キングズベスト産駒としては軽さがある。顔立ちが良く、回転の速い掻き込むような走りでバランスが良い。素質が高く、将来が楽しみな一頭。なお、鞍上には松岡正海騎手を予定している。

☆デサフィアンテ

 2018年2月18日(日)小倉第5R芝2000m戦に出走予定のデサフィアンテ。馬名の由来は「挑戦(西)。冒険という名で登りつめた母の歩みの更に上を目指して」。牝、黒鹿毛、2015年1月27日生。栗東・角居勝彦厩舎。父キングカメハメハ、母アヴェンチュラ、母父ジャングルポケット。生産は安平町・ノーザンファーム、馬主はキャロットファーム。愛馬会法人・キャロットクラブの募集馬で総額6000万円。母は11年秋華賞馬。伯父には06年東京スポーツ杯2歳S(GIII)や07年共同通信杯(GIII)など重賞3勝を挙げたフサイチホウオー(父ジャングルポケット)、伯母には07年阪神JF(GI)や08年優駿牝馬(GI)を勝ったトールポピー(父ジャングルポケット)がいる。本馬は、キングカメハメハ産駒らしいがっしりとした造り。特に胸前、トモには幅があり、良質な筋肉が豊富に付いている。それでいて母に似た柔らかみのある動き。きりっとした顔立ちからは気性の良さが窺える。将来性豊かな一頭だ。

※出走予定競走には、馬の体調等により出走しない場合があります。

<プロフィール>
ハッシー
山梨県出身。北海道・浦河にある生産牧場での牧童経験を活かし、馬の適性を見極める。特技は寝わら上げ。本サイト毎週火曜掲載の「ハッシーの地方競馬セレクション」、土曜掲載の「ハッシーのロックオン〜狙ったレースは逃さない!〜」も担当している。