『レオン』 ©清智英・大倉かおり/講談社・2018映画「レオン」製作委員会

写真拡大

映画『レオン』から本編映像が公開された。

【動画と画像を見る(2枚)】

大倉かおり作画、清智英原案による同名漫画をもとにした映画『レオン』。恋人に振られ、派遣先の会社・朝比奈フーズをクビになった小鳥遊玲音と、女好きな朝比奈フーズのワンマン社長・朝比奈玲男の体が、ある事故をきっかけに入れ替わるというあらすじだ。玲音役をJY名義でソロ歌手としても活動する元KARAの知英、玲男役を竹中直人が演じるほか、大政絢、吉沢亮らが共演する。エンディングテーマはAwesome City Clubの“Magnet”。

今回公開されたのは、朝比奈玲男を演じた竹中直人と、社長・朝比奈玲男を尊敬する天然社員・一条徹を演じた吉沢亮の共演シーン。玲音の中身が玲男に入れ替わっていることに気づかず、涙を流す玲音を一条が抱き寄せ「嫌だったら言って」とささやく場面や、その後玲音の姿が玲男に入れ替わり「※本来はこんな感じ」というテロップが表示されるシーン、相手が玲男だと気づかないまま、一条が「いい?」と玲音にキスしようする様子などが確認できる。

一条を演じた吉沢亮は同シーンの撮影について「“女装した”竹中さんに愛の言葉をささやくシュールなシーンがあったんですが(笑)、本当に竹中さんが乙女な顔をしていらして、すごいキュンキュンしました」と明かした。