ウィリアム・クラインの写真展が東京ミッドタウンで、"都市ヴィジョン"を気鋭の若手写真家と対比

写真拡大

「写真都市展 -ウィリアム・クラインと22世紀を生きる写真家たち-」が、東京ミッドタウン ミッドタウン・ガーデンの21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー1&2にて開催される。会期は、2018年2月23日(金)から6月10日(日)まで。

ウィリアム・クラインとは

20世紀を代表する写真家ウィリアム・クラインは、1956年に写真集『ニューヨーク』で衝撃的なデビューを果たし、ローマ、モスクワ、東京、パリなどの世界の都市を巡りながら、写真、映画、デザイン、ファッションといったジャンルを跨いだ表現で、現代の視覚文化に大きな影響を与えた。

クラインの多彩な作品が集結

企画展「写真都市展 -ウィリアム・クラインと22世紀を生きる写真家たち-」は、展覧会ディレクターに写真評論家で美術史家の伊藤俊治を迎えた。クラインが写す"都市ヴィジョン"と、斬新な視点で21世紀の都市と人間を切り取る日本やアジアの若手写真家たちの作品の対比を楽しむことができる構成となっている。

展示の流れは、クラインの写真を出発点に、20世紀から21世紀へ至る都市ヴィジョンの変貌を、ダイナミックな写真の見せ方で提示していくというもの。

まずはじめにクラインの写真と映画、グラフィック、コンタクトプリント、写真集、巨大写真などの幅広い作品を紹介。ジャンルを超えた自由奔放な都市と人間のイメージを展開する彼の視点に迫る。

気鋭の若手アーティストの作品と対比

続いて、日本やアジアの若手アーティストたちの作品を展示する。石川直樹+森永泰弘は、写真作品とフィールドレコーディングの音像で、地球を一つの惑星とみなすようなアジアの各都市の騒めきを表現。朴ミナは、都市の巨大水族館に集まる人々を写したカラー大判写真と、呼吸音や水の音を使用したサウンドインスタレーションを行う。

その他にも勝又公仁彦、沈昭良、須藤絢乃、TAKCOM、多和田有希、西野壮平、藤原聡志、水島貴大、安田佐智種など、独自の想像力と創造性に溢れる作品を目にすることができる。

【詳細】
写真都市展 -ウィリアム・クラインと22世紀を生きる写真家たち-
会期:2018年2月23日(金)〜6月10日(日)
休館日:火曜日 ※5月1日(火)は開館。
時間:10:00〜19:00(入場は18:30まで)
入館料:一般 1,100円、大学生 800円、高校生500円、中学生以下無料
会場:21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー1&2
住所:東京都港区赤坂 9-7-6 東京ミッドタウン ミッドタウン・ガーデン
TEL:03-3475-2121
[写真付きで読む]ウィリアム・クラインの写真展が東京ミッドタウンで、"都市ヴィジョン"を気鋭の若手写真家と対比

外部サイト

  • 「ピエール・ボナール展」が国立新美術館で開催、浮世絵に影響を受けた"色彩の魔術師"が描く絵画や版画
  • シャネル・ネクサス・ホールで仏写真家サラ ムーンの個展、動物や自然風景からファッションまで約100点
  • 原美術館に草間彌生や蜷川実花の作品登場、創立者・現館長の原俊夫が初めてキュレーションする展示