「ハナタレナックスEX(特別編)チームナックスとゆく 北海道美食めぐりの旅 in 小樽」/(c)HTB

写真拡大

森崎博之、安田顕、戸次重幸、大泉洋、音尾琢真からなる演劇ユニット・TEAM NACS。2月3日(土)、彼らは第16回公演「PARAMUSHIR〜信じ続けた士魂の旗を掲げて」全国ツアーをスタートする。その翌日の2月4日(日)、TEAM NACSがそろって出演する番組「ハナタレナックスEX(特別編)ハナタレナックスEX(特別編)チームナックスとゆく 北海道美食めぐりの旅in小樽」(昼1:55-3:20テレビ朝日系)が放送される。

【写真を見る】海鮮どんぶりに大満足の表情を見せる大泉洋/(c)HTB

北海道出身のTEAM NACSが唯一そろう北海道ローカルの冠番組「ハナタレナックス」(北海道テレビ/HTB)が、全国ネットの特別番組を放送するのは今回で4度目。これまで、第1弾函館、第2弾札幌&十勝、第3弾知床と、各地の魅力を伝えながら珍道中を繰り広げてきた。

第4弾の舞台は、港町・小樽。北海道一の商業都市として栄えた歴史ある町で、レトロなボンネットバスに乗り込み、美食めぐり&名所めぐりに出発。港町ならではの新鮮で豪快な海の幸はもちろん、穴場の洋食や老舗のB級グルメにスイーツ、人気店のお店でしか食べられない限定メニューなど、次々と体験する。

今回の小樽ロケ、メンバーは口をそろえて充実ぶりをアピール。森崎が「食べ物がすごかった。いろいろ知ることができてオススメしたい店が一気に増えた」と言えば、戸次も「小樽と言えばお寿司だけど、とんでもないところに行かせてもらった」と。大泉は、「言ってみたら“北海道マイスター”の我々でも、小樽にこういう魅力があったんだ!と新発見がありました」、音尾に至っては、「我々に興味がなくとも、北海道の美味しそうなものがたくさん映っていますので、次の北海道旅行の参考にしてもらえればと思います」とまで。安田は「我々がはしゃいでる姿を『ハナタレナックス』のスタッフが面白く切り取っているという自信がありますので、大いに期待してゆる〜くご覧ください」と番組をまとめてみせた。

どこを取っても見どころだらけの第4弾「小樽旅」、番組を見ればすぐにでも小樽観光に出かけたくなるはず。(ザテレビジョン)