一昨年の勝ち馬サトノダイヤモンドをはじめ、2015年のルージュバック、2012年のワールドエースなど、数多くのクラシック活躍馬を送り出してきた注目の一戦、GIIIきさらぎ賞(京都・芝1800m)が2月4日に行なわれる。

 今年もクラシックで主役となりうる期待馬、注目馬が名を連ねているが、2勝以上挙げている馬が不在。実績的には、2歳重賞のGIIデイリー杯2歳S(11月11日/京都・芝1600m)2着のカツジ(牡3歳/父ディープインパクト)が最上位となっている。

 そして戦前の下馬評では、このカツジと、昨年の皐月賞馬アルアインの全弟ダノンマジェスティ(牡3歳/父ディープインパクト)が、人気の中心となっているようだ。

 ただ、ダノンマジェスティは新馬戦を勝ち上がったばかり。血統的な魅力と資質の高さで一目置かれているが、「絶対的な信頼は置けない」という声も囁かれている。日刊スポーツの太田尚樹記者はこう語る。

「ダノンマジェスティの初戦(阪神・芝1800m)は、上がり33秒0の鬼脚を繰り出して2着馬に3馬身半差をつける圧勝。厩舎スタッフも、『まだ(体が)できていない中で、あの勝ち方ですからね』と、その能力の高さに舌を巻いて、ここに向けても伸びしろが相当あると見込んでいます。

 ただ、懸念材料がないわけではありません。最大の課題は馬場です。昨秋から道悪での開催が多かったことで、京都の芝は例年以上に傷んでおり、騎手の間からも『馬場が荒れている』という声がよく聞かれます。

 そうした状況にあって、実は年明けの京都の芝では、ディープインパクト産駒が大苦戦をしています。先週までの開催9日間で、わずか3勝。勝率は5.2%と、例年の数字と比べると激減。時計がかかり、持ち前の切れ味が発揮できない馬場に泣かされています」

 ディープインパクト産駒の芝コースにおける昨年1年間の成績は、全競馬場で勝率13.1%。京都競馬場でも勝率14.8%という高い数字を残している。

 それが今年は、始まったばかりとはいえ、京都競馬場での勝率は昨年比でおよそ3分の1に低下。その数字を見ただけでも、今の京都の馬場が「ディープ産駒向きではない」ということがよくわかる。

 今年の馬場の特異性については、デイリー馬三郎の木村拓人記者も指摘。そのうえで、こうレース分析する。

「やはり今の京都の芝は、昨年の秋に不良馬場での開催が続いたダメージが相当残っていると思います。今回使用されるのは差し馬向きのBコースですが、今の馬場状態を考えれば、ダノンマジェスティのように切れるタイプよりも、じわじわと伸びてくるタイプのほうが面白いでしょう。

 だいたい、今回のメンバーの中では、人気馬でその後ろ盾となる実績があるのは、カツジくらい。1戦1勝の馬が人気になるくらいなら、(馬券的には)もっと旨味のある馬を狙いたいですね」

 こうした状況を踏まえて、太田記者はダノンマジェスティとは別の1戦1勝馬をピックアップ。穴馬として推奨する。

「サトノフェイバー(牡3歳/父ゼンノロブロイ)です。同馬が勝った新馬戦は、今回と同じ京都の芝コース(2000m)。逃げて、上がりを34秒9でまとめて完勝しました。直線で後続を突き放して、2着以下に3馬身もの差をつけています。

 騎乗していた古川吉洋騎手によると、『(道中)物見をして遊んでいた』と言います。ということは、見た目以上に余裕のある勝ちっぷりだったということ。スローペースの傾向が強いレースでもあり、この先行力は魅力です。526kgの大型馬で、一度叩いたことによる上積みも大きいと思います」

 木村記者は、「直線平坦コースを狙って、必勝態勢で西下してくるグローリーヴェイズ(牡3歳/父ディープインパクト)を中心視」としながらも、穴馬にはオーデットエール(牡3歳/父ハーツクライ)の名前を挙げた。


今の京都の馬場が合いそうなオーデットエール

 同馬は、2走前のオープン特別・萩S(10月28日/京都・芝1800m)で、のちにGIホープフルS(中山・芝2000m)を制したタイムフライヤーに次いで、2着となった馬である。

「オーデットエールはハーツクライ産駒ですから、本来は2歳時からバリバリ走るタイプではないのですが、新潟で芝1600mの新馬戦を勝って、続くGIII新潟2歳S(6着。8月27日/新潟・芝1600m)でもいい伸びを見せていました。現地で見ていましたが、これからまだまだよくなっていきそうな雰囲気を感じさせる走りでしたよ。

 おそらく単純な上がり勝負になると、切れ負けするようなタイプ。でも、今の京都コースはぴったりだと思います。(大きいレースを)いずれどこかで、と思っていましたが、前走後にひと息入れてのここで、大化けがあってもおかしくないでしょう」

 木村記者と同じく、グローリーヴェイズを中心視しつつ、オーデットエールを穴馬として推すのは、スポーツ報知の坂本達洋記者。

「オーデットエールは、前走の黄菊賞(11月12日/京都・芝2000m)でも、前残りの展開の中でしぶとく5着まで追い上げました。切れる脚こそありませんが、最後まで集中して走れている点は高く評価できます。

 サトノフェイバーなど積極策をとる馬がそろって、道中よどみないラップが刻まれれば、スローの瞬発力勝負にはなりにくいはず。そうして、持久力が求められる展開になれば、早めのスパートから上位をうかがえると思います。その可能性に賭けてみたいですね」 関西を舞台にしたクラシックへの登竜門。ここから、春の大一番を沸かせる”大物”が再び登場するのか。未知なる可能性を持った面々による、熾烈な争いから目が離せない。

◆東京新聞杯は「穴馬の方程式」にカッチリはまる3頭が猛威をふるう>>

◆きさらぎ賞は過去の勝ち馬そっくり、グローリーヴェイズで間違いなし>>

■競馬記事一覧>>