東京11R「節分S」芝1600
★現級勝ちの実力馬、ヒーズインラブが休み明け3戦目で本領を発揮する★
◎14ヒーズインラブ
○7フィアーノロマーノ
▲12アルジャンテ
△6ロジクライ、10キャプテンペリー
 鬼は外、鬼は外。福は内、福は内。大声を張り上げ、豆まきをした子供の頃が懐かしい。閑話休題。ここで福の神は、ヒーズインラブ。昨春、ここと同条件の春興Sを快勝している格上の存在でもある。2着オートクレールと、3着ストレンジクォークがこの後、準オープンを快勝、オープン入りしていることを考えれば、一段と重みのある勝利だったことが分かる。そして今、再びチャンスが到来した。休み明け以降、4着、3着と確実に上昇カーブを描き、勝利の女神を大きく呼び込んだ。普通に走ってくれば、差し切りが決まる。

東京9R「春菜賞」芝1400
★新馬戦を圧勝した大物、レッドイリーゼが再度ベストパフォーマンスを披露する★
◎9レッドイリーゼ
○8モルフェオルフェ
▲3アルモニカ
△2ラソワドール、12ミュージアムヒル
 春の野に出て若菜を摘むにはまだ遠いが、ここはレッドイリーゼで勝利をつかみたい。新馬勝ちの余勢を駆って、2連勝達成だ。その新馬戦は、直線大外から強襲、最速の上り(35秒2)で突き抜ける圧巻の強さ。期待に違わぬ内容を目の当たりにして、「500万ならモノが違う。ここは通過点」と、矢嶋助手の言葉も自然と弾む。さらに、「1600辰脳,辰燭、1400辰諒が適性は高い。(中山から)東京コースに替わり一段と、競馬もし易くなった」となれば、素直にこの馬から入るのが賢明だ。

京都11R「アルデバランS」ダ1900
★実力は重賞レベルの、ドラゴンバローズ。叩き3戦目で起死回生の一発を決める★
◎15ドラゴンバローズ
○14タガノディグオ
▲9ラインルーフ
△10マイネルオフィール、16メイプルブラザー
 重賞初挑戦のシリウスSでいきなり、クビ差2着(1着メイショウスミトモ)と好走した素質馬の、ドラゴンバローズが狙い目。近走は12着、13着と凡走を繰り返しているが、これで見限るのは早計。というのも、典型的な叩き良化タイプでエンジンが点火する前に競馬が終わっていたからだ。ちなみに、初勝利を挙げたのもタフに使い込まれて4戦目だった。この法則から、休み明け3戦目の今回はまさしく千載一遇のチャンス到来。もとより、実力はシリウスSで立証済み。決して、無謀な狙いではない。