『Faces Places(英題)』女流監督の先駆者アニエス・ヴァルダとアーティストのロードムービー

写真拡大

映画『Faces Places(英題)』が2018年9月より順次全国公開される。

『Faces Places(英題)』は、女性映画監督の先駆者アニエス・ヴァルダと、フランス人アーティスト・JR(ジェイアール)がフランスの田舎を旅しながら、村々に住む人々と接し、一緒に作品を作り残していくロードムービー形式の心温まるドキュメンタリー。

アニエス・ヴァルダは、1955年の長編映画『ラ・ポワント・クールト(La Pointe Courte)』でデビューを果たして以来、女流監督としての地位を確立。その功績を讃えて「ヌーヴェル・バーグの祖母」とも呼ばれる。2015年にはカンヌ国際映画祭で、史上6人目となるパルム・ドール名誉賞も受賞した監督だ。

JRは、一般人のポートレートを大きなポスターにして写っている人に返し、写真を好きな場所に貼ってもらう、という参加型アートプロジェクト『インサイド・アウト(Inside Out)』で知られるアーティストだ。公開された予告編でも、JRによるポートレートが街中を飾る様子が見られる。

第90回米国アカデミー賞にもドキュメンタリー部門でノミネートされた『Faces Places(英題)』は、フランスのアカデミー賞と言われる第43回セザール賞のドキュメンタリー部門、作曲部門にもノミネート。既に第70回カンヌ国際映画祭にて最優秀ドキュメンタリー賞、ルイユ・ドール(金の眼賞)、2017年のトロント国際映画祭では最高賞にあたるピープルズ・チョイス・アワード(観客賞)のドキュメンタリー部門を受賞。世界中の映画祭で評価、注目を集めている。

【詳細】
映画『Faces Places(英題)』
公開時期:2018年9月よりシネスイッチ銀座、アップリンク渋谷ほか全国順次公開
監督:アニエス・ヴァルダ&JR
出演:アニエス・ヴァルダ、JR
©Agnès Varda-JR-Ciné-Tamaris, Social Animals 2016


[写真付きで読む]『Faces Places(英題)』女流監督の先駆者アニエス・ヴァルダとアーティストのロードムービー

外部サイト

  • 映画『ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男』創造の舞台裏に密着したドキュメンタリー
  • 映画『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』コリン・ファレル主演のカンヌ受賞作
  • 「恵比寿映像祭」気鋭のアーティストによる展示や国際映画祭受賞作を上映、日本初上陸の名作も