会田誠の個展が表参道で - "理想の都市のあり方"を提案、インスタレーションや絵画の新作を展示

写真拡大

会田誠の個展「GROUND NO PLAN」が、東京・表参道の特設会場「青山クリスタルビル」で開催される。会期は2018年2月10日(土)から2月24日(土)まで。

今回の個展「GROUND NO PLAN」は、大林財団が新設した助成プログラム「都市のヴィジョンーObayashi Foundation Research Program」によるもの。都市における様々な問題を追及した上で、住んでみたい都市や新しい都市のあり方を、建築系の都市計画とは異なる視点から、アーティストに提言してもらうことを目的としている。

その第1回目の助成対象者として選定されたのが会田誠だ。会田誠は、現代の日本社会を鮮烈に批評し続けるアーティスト。取り扱うテーマは美少女から政治までと幅広く、都市計画に関する作品も『新宿御苑大改造計画』や『「人」プロジェクト』などを手掛けてきた。

今回の個展では、自身が考える未来の「都市」や「国土」を、ドローイングや完成予想図、建築模型などで表現。その他にもテキストやインスタレーションなどの新作を通して、"理想の都市のあり方"を提案していく。

【詳細】
会田誠展「GROUND NO PLAN」
会期:2018年2月10日(土)〜2月24日(土) ※会期中無休
開館時間:10:30〜18:30(金曜日は19:30まで)
※入場は閉館の30分前
入場料:無料
会場:青山クリスタルビル(東京都港区北青山3-5-12 青山クリスタルビルB1F/B2F)

【問い合わせ先】
公益財団法人大林財団
TEL:03-3546-7581


[写真付きで読む]会田誠の個展が表参道で - "理想の都市のあり方"を提案、インスタレーションや絵画の新作を展示

外部サイト

  • 原美術館に草間彌生や蜷川実花の作品登場、創立者・現館長の原俊夫が初めてキュレーションする展示
  • 「北斎とジャポニスム」世界初モネ・ドガなどの名作と葛飾北斎を比較できる展覧会、東京・国立西洋美術館にて
  • 「建築の日本展:その遺伝子のもたらすもの」千利休の茶室を原寸再現、ライゾマ新作映像など