厳選! 新馬情報局(2018年版)
最終回:リンフォルツァンド

 昨年6月からスタートした今年の新馬戦線。新馬戦自体は3月に終了し、以降は未勝利戦のみのレース体系となる。

 とはいえ、これからデビューする馬の中にも、キラリと光る血統背景の持ち主がいる。

 その1頭が、栗東トレセン(滋賀県)の角居勝彦厩舎に所属するリンフォルツァンド(牝3歳/父ディープインパクト)である。


まもなくデビュー戦を迎えるリンフォルツァンド

 母リッスンは、イギリスで戦った名牝。2007年にデビューすると、2歳の9月に出走したGIフィリーズマイル(イギリス・芝1600m)を勝利した。

 さらに、彼女の姉となるセコイアもアイルランドのGIを制し、引退後も繁殖牝馬として活躍。海外GI4勝のヘンリーザナビゲーターを送り出すなど、繁栄が顕著な一族だ。

 もちろん、リッスン自身も繁殖牝馬としての才能をすでに見せ始めている。

 2012年に日本で生んだタッチングスピーチ(牝)は、3歳時にGIIローズS(阪神・芝1800m)を制覇。GIエリザベス女王杯(京都・芝2200m)では3着と好走し、牡馬混合のGII京都記念(京都・芝2200m)でも2着になるなど、一級の実力を示した。

 2014年生まれのムーヴザワールド(牡4歳)は、新馬戦を快勝すると、すかさず重賞のGIII東京スポーツ杯2歳S(東京・芝1800m)に挑戦。3着と健闘し、続くGIII共同通信杯(東京・芝1800m)でも3着と善戦した。

 その後、クラシック戦線には乗れなかったものの、昨年11月には自己条件を勝利。今後もさらなる成長が見込まれ、これから第一線での活躍が期待される逸材だ。

 これら兄姉とまったく同じ血統を持つリンフォルツァンド。ここまで、どのような調整を重ねてきたのか、関西競馬専門紙のトラックマンが伝える。

「牧場にいた頃から、きっちり乗り込んできたようですし、トレセンへ移動後も『いたって順調』とスタッフは話しています。実際に走らせると、『良血馬らしい、いいものを持っている』とのことで、スケールの大きさは十分に感じられるようです」

 初陣は、2月3日の3歳新馬(京都・芝2000m)を予定。順調に勝ち星を重ねていけば、春のクラシックにも何とか間に合うだろう。

 ただ、陣営としては、そこを意識しないで長い目で育てていく構えのようだ。先述のトラックマンが続ける。

「姉のタッチングスピーチは3歳の夏を越してからよくなりましたし、兄のムーヴザワールドも早い時期から重賞で奮闘していたとはいえ、本当に身が入ったのは最近です。リンフォルツァンドもまだ体に緩さがあるそうで、『兄姉と同じく晩成タイプかも』とスタッフ。『本当によくなるのはまだ先なので、じっくり育てたい』と話しています」

 丁寧に育てていけば、「きっと走ってくる」という手応えを陣営が持っているのは確かだ。それだけの血統背景があり、動きのよさもかなり高いレベルにあるのだろう。 同馬を管理する角居調教師は先日、2021年2月での調教師引退を発表したばかり。リンフォルツァンドは、日本を代表するトップトレーナーの花道を飾る1頭となるのか。まずは競走馬として、輝かしい第一歩を刻んでほしい。

◆稼げるシルクロードS、絶好調の穴党記者が「お宝配当の5頭」を」叫ぶ>>

◆根岸Sの穴馬条件「8歳、伸び盛り、地方番長」が今年も3頭いる>>

◆根岸Sでの注目は、新鋭・荻野極のアキトクレッセントだ>>

■競馬 記事一覧>>