提供:リアルライブ

写真拡大

【今週の予想】

☆東京5R 3歳新馬(芝1800m)

大物感漂うフィエールマン。前評判が高く、大物の呼び声高い本馬だが、追い切りの動きを見るとトモの入りが深く、ディープインパクト産駒らしい軽さがあり、バネを非常に感じさせる走り。相当なキレを持っているだろう。前評判に違わないレースを期待する。

◎フィエールマン
○セルゲイ
▲イルーシヴゴールド
△₁パンコミード
△₂ブラックマティーニ
△₃パストゥレイユ

買い目
【馬単】3点
◎→○▲△₁
【3連複2頭軸流し】4点
◎○-▲△₁△₂△₃
【3連単フォーメーション】12点
◎→○▲△₁→○▲△₁△₂△₃

☆京都8R 4歳以上500万下(ダート1400m)

 ヴィルデローゼは、デビューから5戦で唯一使ったダートで未勝利を脱出。2着に負かしたスマートレイチェルは、3勝を挙げて準ОPクラスと、決してメンバーに恵まれての勝利ではない。今回は11か月ぶりの実戦となるが、本馬の成長を加味すれば、期待はあっても不安なし。追い切りの動きからもこのクラスでは力が上。

◎ヴィルデローゼ
○マイグランクロア
▲ショウナンマシェリ
△₁デロングスター
△₂パルトネール
△₃ペイシャブルー

買い目
【馬単】5点
◎→○▲△₁△₂△₃
【3連複1頭軸流し】10点
◎-○▲△₁△₂△₃
【3連単フォーメーション】12点
◎→○▲△₁→○▲△₁△₂△₃

☆東京10R 早春S(芝2400m)

 ホウオウドリームが3連勝でOP入りを決める。目下2連勝中だが、前走のパドックを見て、ここに来て馬がグッと良くなってきた印象を受けた。中身が詰まり、歩様も雄大で力強い。レースでは後方から最速タイの上がりを使って優勝。着差はクビ差であったが、着差以上に強かった。昇級初戦の今回でも勝ち負け必至。

◎ホウオウドリーム
○マイネルヴンシュ
▲グランドサッシュ
△₁ポポカテペトル
△₂エクセレントミスズ

買い目
【馬単】5点
◎→○▲△₁△₂
○→◎
【3連複1頭軸流し】6点
◎-○▲△₁△₂
【3連単フォーメーション】12点
◎→○▲△₁→○▲△₁△₂
○→◎→▲△₁△₂

☆東京11R 根岸S(GIII)(ダート1400m)

本格化したアキトクレッセントを本命に推す。5歳の春にOPクラスへ昇級し、秋には武蔵野S(G)を先行策で3着。それも重賞勝ち馬が8頭という豪華メンバーを相手にしてのもの。レースは平均ペースで展開の有利不利がなく、底力がなくては上位に来るのは難しいため、力があってこそ。前走のギャラクシーSでは、打って変わって中団やや後方の位置取りから3コーナーからマクって行き、直線でもしっかりと伸びて優勝。どんな競馬でも出来る強みがあり、ここに来ての充実度には目を見張るものがある。今回も好メンバーが揃ったが、その分配当妙味があり、ここは狙い目。

◎(2)アキトクレッセント
○(14)ノンコノユメ
▲(8)サンライズノヴァ
△(6)カフジテイク
△(13)ベストウォーリア 出走取消
△(7)キングズガード

買い目
【馬単】7点
(2)→(6)(7)(8)(13)(14)
(8)(14)→(2)
【3連複1頭軸流し】10点
(2)-(6)(7)(8)(13)(14)
【3連単フォーメーション】20点
(2)→(6)(8)(14)→(6)(7)(8)(13)(14)
(8)(14)→(2)→(6)(7)(8)(13)(14)

※出走表などのデータは、必ずJRA公式発表のものと照合して下さい。<プロフィール>
ハッシー
山梨県出身。浦河にある生産牧場を経て、在京スポーツ紙への入社。牧童経験を活かし、数々の万馬券を的中する。中にはパドックで選んだ4頭で決まり3連単100万円越えもあり。予想スタイルは馬の適性、過去のレース内容、調教を重視。