ダービージョッキー
大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

 2018年の競馬も、早くもひと開催終了して、およそ2カ月ぶりに東京開催を迎えます。

 ご存知のとおり、日本を代表する”大箱コース”の東京競馬場は、1周2000mを超える芝コースがあり、その内側を回るダートコースも1周約1900mもあります。そのうえ、コーナーが緩やかで馬場の幅員も広く、小回りでぐるぐる回っているように感じる中山コースと比較して、乗っていても、とてもゆったりしていて乗りやすいコースです。

 その東京開催の開幕週に行なわれる重賞は、GIフェブラリーS(2月18日/東京・ダート1600m)の前哨戦となる根岸S(1月28日/東京・ダート1400m)です。

 本番となるフェブラリーSはマイル戦となりますが、このレースは1ハロン短い1400m戦。以前にも触れたことがありますが、たった200mの違いですが、コースの性格はかなり異なります。

 まずマイル戦は、2コーナーを回ったポケット付近からスタート。発走直後は芝の上を走るため、芝適性の差がポジション取りにやや影響するところがありますが、最初のコーナーとなる第3コーナーまで、向正面をいっぱいに使った直線が続きます。そのため、ジョッキーの心理的に焦ることは少なく、ポジション争いは熾烈にならず、比較的ペースは落ちつくことが多いですね。

 一方、1400m戦では、出足から引っ張る馬がいると、最初のコーナーがあっという間に迫ってきます。行く馬がどの枠に入るかにもよりますが、マイル戦よりポジション取りはシビアになり、テンから速くなることが多々あります。第3コーナーまでの入り方で、展開が大きく変わるコースです。

 今年の出走メンバーを見渡してみると、先手を主張しそうな馬はノボバカラ(牡6歳)とサイタスリーレッド(牡5歳)くらいでしょうか。

 昨年の覇者カフジテイク(牡6歳)をはじめ、昨年4着のキングズガード(牡7歳)、明け4歳のサンライズノヴァ(牡4歳)など有力どころは、どちらかと言えば差し・追い込み系が多いようなので、それほどテンから速くなることはなさそうですね。

 速くならないのであれば、前が有利とも受け取れますが、速い上がりを使える馬は馬群が詰まったほうが決め手を生かせる場合もあります。前述の差し馬3頭にしても、そういうタイプ。三者三様ではあるものの、速い流れでも、馬群が詰まっても差してこられる面々なので、やはり有力視すべき存在だと言えます。

 サンライズノヴァは、昨春のGIIIユニコーンS(2017年6月18日/東京・ダート1600m)と、昨秋のオープン特別・グリーンチャンネルC(2017年10月9日/東京・ダート1400m)で見事な差し切り勝ちを披露しました。

 ユニコーンSは、前半の3ハロンが34秒1、4ハロンは46秒4と、3歳春の時点としてはかなり速い流れとなり、馬群も縦長になる展開でした。それを、中団より後方から進み、直線では外目を伸びて豪快に突き抜けました。

 グリーンチャンネルCは、前半3ハロンが35秒0、4ハロンが46秒8と、序盤はわりと落ちついていたのですが、レース中盤で少し流れが速くなり、4コーナーを回る頃には馬群が凝縮。そうした展開のなかで、サンライズノヴァは上がり34秒7の決め手を繰り出して、後方から唯一伸びて快勝しました。

 この決め手は「GI級」と言っても大袈裟ではないでしょう。

 その後、GIII武蔵野S(2017年11月11日/東京・ダート1600m)では、あっさり敗退。レース間隔を詰めて使ったことが影響したのか、馬込みが得意ではないのか、敗因を探ればいろいろと考えられますが、何かすべてが悪いほうに出てしまい、能力を出し切れずに終わった感じでした。

 しかし、前走のオープン特別・師走S(2017年12月9日/中山・ダート1800m)では、内目の馬込みで我慢し、直線でも鋭く伸びて2着。武蔵野Sの敗戦を糧にして、結果につなげた印象があります。

 ストライドの大きい走りは、明らかに広いコース向き。前走、中山であれだけの競馬ができた今なら、馬もさらにレベルアップしていることは間違いなく、ここでは最も有力視していい存在だと思います。もちろんここで結果を出せば、本番でも優勝候補の最右翼となるでしょう。

 ディフェンディングチャンピオンとして臨むカフジテイクも、いつも確実に脚を使うタイプ。東京・ダート1400mの舞台なら、崩れるイメージはありません。

 大外を回さなければ能力を出し切れないところがあるようで、そこは唯一の懸念材料となりますが、不利なく4コーナーを回ることができれば、連覇の可能性も十分にあるでしょう。

 もう1頭の有力馬キングズガードは、カフジテイクとは違って馬込みを縫って出てくる器用さを兼ね備えています。また、展開次第ではある程度ポジションを上げてレースを運ぶこともできます。

 コースロスなく競馬ができる点は、カフジテイクよりも有利。直線に入ってから、うまく馬群をさばいてこられれば、勝ち負けできるのではないでしょうか。

 これら3頭の有力馬は強力ですが、そこに割って入る候補として注目しているのは、アキトクレッセント(牡6歳)です。


初の重賞制覇を狙うアキトクレッセント

 古馬になってからは初の重賞挑戦となった昨夏のプロキオンS(2017年7月9日/中京・ダート1400m)では、春の勢いを買われて2番人気に推されましたが、結果は勝ち馬キングズガード、2着カフジテイクから2秒以上も離されての12着大敗。重賞級のメンバー相手に、まったく太刀打ちできませんでした。

 そのため、この馬にとっては、ここがひとつの壁かなと思っていました。ところが秋になって、前々走の武蔵野Sでは、カフジテイク(5着)やサンライズノヴァ(12着)に先着して3着と好走。前走のオープン特別・ギャラクシーS(2017年12月24日/阪神・ダート1400m)でも完勝しました。

 その前走では、それまでの前で粘るイメージとは一転して、後方から鮮やかな差し切り勝ち。明けて6歳となりますが、まだまだ気性面でも成長を見せているようです。

 再び重賞の舞台となる今回、条件はベストのダート1400m。チャンスは大いにあります。

 鞍上は、若手の荻野極騎手。この馬が復帰した一昨年からずっと手綱を取っています。聞くところによると、調教でも常に乗っているそうで、乗っていないのは競馬開催日くらいとか。最近では珍しいことです。

 負けたら即乗り替わり、勝っても乗り替わることが頻繁にある昨今の競馬界。そんな状況だからこそ、ずっと乗っている若手騎手にはがんばってほしいですね。今回はそんな応援の意味も込めて、この馬を「ヒモ穴馬」に指名したいと思います。

大西直宏のオフィシャルブロク>

大西直宏公式LINE@始めました。
元騎手の視点で馬券のヒントになる情報をお届け!
友だち追加で「@0024n」を検索!
下のQRコードを読み取って頂くことでも見られます。

◆稼げるシルクロードS、絶好調の穴党記者が「お宝配当の5頭」を叫ぶ>>

◆根岸Sの穴馬条件「8歳馬、伸び盛り、地方番長」が今年も3頭いたぞ>>

■競馬 記事一覧>>