24日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長はインターネットでどのようなワードをよく検索しているのだろうか。資料写真。

写真拡大

2018年1月24日、米華字メディアの多維新聞は、韓国紙の報道を引用し、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長がインターネットで最もよく検索するワードについて伝えた。

記事によると、24日付の韓国紙・朝鮮日報は「『米帝反対』を叫ぶ金委員長は忠実なアップルマニアで、イヤホンからタブレット、ノートパソコンまで米アップル社の製品を使用している。。愛用するスマートフォンもiPhoneだ」などと伝えた。

朝鮮日報はまた、金委員長がインターネットで最もよく検索するワードは「金正恩」だと伝えている。(翻訳・編集/柳川)