厳選! 新馬情報局(2018年版)
第35回:フィエールマン

「無事是名馬(ぶじこれめいば)」という競馬の格言がある。

 これは「ケガなく、長い間走り続けられる馬こそ、名馬である」といった意味で、常にケガと隣り合わせのサラブレッドだからこそ、語り継がれてきた言葉と言える。

 実際、高い素質を持っていながら、ケガや体質の弱さに泣いて出世できなかった馬は星の数ほどいる。ゆえに、陣営は馬を預かった時点で「とにかく無事にいってほしい」と願う。

 それが、有望な馬であればなおさらである。そこには、「無事であれば、きっと活躍できる」という陣営の確信があるからだ。

 デビューを間近に控えた3歳馬の中にも、スタッフから「とにかく無事に……」と大きな期待をかけられた馬がいる。美浦トレセン(茨城県)の手塚貴久厩舎に所属するフィエールマン(牡3歳/父ディープインパクト)である。

 まだデビュー前でありながら、すでにスタッフからはその素質に対して絶賛の声が上がっているという。関東競馬専門紙のトラックマンがその様子を伝える。

「手塚調教師の評価がすこぶる高く、『フィエールマンは相当走るよ』と手放しで称えています。現に追い切りでも、新馬を快勝したレッドイリーゼを後ろから追いかけていって、きっちり先着。昨年のGI阪神ジュベナイルフィリーズ(2017年12月10日/阪神・芝1600m)で3着に入ったマウレアとも併せて、互角以上の走りを見せています。厩舎の期待は本当に大きくて、『順調にいけば、重賞やGIで通用しそう』と威勢のいいコメントばかり聞かれます」



フィエールマンの姉ルヴォワールはデビュー2連勝を飾った

 母はイタリアのGIを勝って、フランスでもGIIを2勝したリュヌドール。ひとつ上の姉ルヴォワール(牝4歳/父ハーツクライ)は、3歳の1月にデビューすると、新馬戦、500万下特別と楽に連勝して、一躍クラシック戦線の注目馬となった。

 血統的にも一本筋の通ったフィエールマン。有力な3歳馬がそろう手塚厩舎にあっても、「ポテンシャルは1番かもしれない」とスタッフは話しているという。

 ただ、同時に不安も抱えている。その点について、先述のトラックマンが語る。

「フィエールマンの素質は間違いないのですが、『体質が非常に弱い』とスタッフは話していました。デビューがここまで遅れたのも、それが理由。ちょっとしたことで、足もとに疲れが出たり、熱を持ったりということがあるそうです。姉のルヴォワールも、それによってクラシックの舞台には立てませんでした。ですから、『とにかく無事にいってくれれば……』というのが、スタッフ全員の思いのようです」

 姉のルヴォワールは2連勝したあと、オークストライアルのGIIフローラS(東京・芝2000m)を目指したが、直前に外傷を負って回避。その後も体質との戦いが続いていて、満足にレースを使えていない。

 弟フィエールマンも、そういった側面を持っているようで不安は尽きない。それでも、無事であれば、大舞台での活躍も夢ではないという。

 その第一歩を刻むデビュー戦は、現状では2月3日の3歳新馬(東京・芝1800m)を目標としている。鞍上はルメール騎手が務める予定だ。 スタッフが認めるポテンシャルを武器にして、フィエールマンはクラシック戦線に乗り込むことができるのか。その動向から目が離せない。

■堅いAJCCが荒れるとき、現れるタイプと同じ穴馬が今年も3頭いた>>

■波乱の東海S。穴党記者が推すのは「エッ!?」と驚く「超穴馬」ばかり>>

■競馬 記事一覧>>