シャネル・ネクサス・ホールで仏写真家サラ ムーンの個展、動物や自然風景からファッションまで約100点

写真拡大

フランスを代表する写真家、サラ ムーンの個展「D’un jour à l’autre 巡りゆく日々」が、銀座のシャネル・ネクサス・ホールにて2018年4月4日(水)から5月4日(金)まで開催される。

30年以上にわたり世界で活躍する写真家であり、映像作家としても高く評価されているサラ ムーンは、幻想的で哀愁漂う、独創的な写真作品の数々を残してきたアーティスト。モデルからキャリアをスタートし、ファッションや広告のフォトグラファーとしてシャネル(CHANEL)などトップメゾンとの仕事に携わった後、作品制作を始める。

「D’un jour à l’autre 巡りゆく日々」のテーマは「時の流れ」。サラ ムーンの作家人生を通して追及してきた主題のうちの1つでもある。まるで物語を読んでいるかのような、奥行きの深い世界観を表現した写真作品約100点が集結する。日本初公開作品を中心に、新作も展示される。

繊細な表現で写し出された優雅なモデルやファッション、鳥や象などの動物、自然の風景は、時の儚さを思わせ、追憶やノスタルジーを観る者に喚起させる。

【詳細】
サラ ムーン「D’un jour à l’autre 巡りゆく日々」
開催日時:2018年4月4日(水)〜5月4日(金) 12:00〜19:30 ※無休
入場料:無料
会場:シャネル・ネクサス・ホール
住所:東京都中央区銀座3-5-3 シャネル銀座ビルディング4F
■連動企画
展覧会一部期間中、シャネル銀座ブティックおよびベージュ アラン・デュカス 東京にて、サラ ムーンとシャネル ファイン ジュエリーがコラボレーションした作品を特別展示。

【問い合わせ先】
シャネル・ネクサス・ホール事務局
TEL: 03-3779-4001


[写真付きで読む]シャネル・ネクサス・ホールで仏写真家サラ ムーンの個展、動物や自然風景からファッションまで約100点

外部サイト

  • 「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2018」建仁寺などで写真展、深瀬昌久など参加
  • 原美術館に草間彌生や蜷川実花の作品登場、創立者・現館長の原俊夫が初めてキュレーションする展示
  • 写真展「伝説の映画スターたち、オードリーなど」銀座で、“幻の写真”や貴重なビンテージなど約40点