提供:リアルライブ

写真拡大

【今週デビューの注目馬】

☆オールフォーラヴ

 2018年1月21日(日)京都第6R芝1800m戦に出走予定のオールフォーラヴ。馬名の由来は「バラの品種名」。牝、鹿毛、2015年3月14日生。栗東・中内田充正厩舎。父ディープインパクト、母レディアルバローザ、母父キングカメハメハ。生産は新ひだか町・ケイアイファーム、馬主はロードホースクラブ。愛馬会法人・ロードサラブレッドオーナーズの募集馬で総額4860万円。母は11年、12年中山牝馬S(GIII)を連覇した活躍馬。全兄には17年プリンシパルSで3着に入り、3勝を挙げているロードアルバータ(父ディープインパクト)がいる。本馬はディープインパクトらしい軽さと如何にもバネがありそうなフォルム。弾力がある良質な筋肉を持ち、走らせると頸を上手く使った連動性のあるフォーム。除外で出走は延びたが、馬なりでじっくりと乗り込まれてきており、仕上がりに不安はない。なお、鞍上には川田将雅騎手を予定している。

☆ミリラニ

 2018年1月20日(土)京都第3Rダート1400m戦に出走予定のミリラニ。馬名の由来は「人気者(ハワイ語)」。牝、栗毛、2015年2月23日生。栗東、中内田充正厩舎。父ハーツクライ、母ワイオラ、母父Sadler’s Wells。生産は安平町・ノーザンファーム、馬主はサンデーレーシング。愛馬会法人・サンデーサラブレッドクラブの募集馬で総額2000万円。半姉にはダートで5勝(中央3勝、地方2勝)を挙げたトレジャーステイト(父Oasis Dream)がいる。本馬はまだ線の細さはあるが、トモや上腕、胸前の筋肉量は豊富。このところ強めの追い切りをしっかりと消化しており、弾むようなフットワークで初戦から楽しみな一頭。なお、鞍上には福永祐一騎手を予定している。

※出走予定競走には、馬の体調等により出走しない場合があります。

<プロフィール>
ハッシー
山梨県出身。北海道・浦河にある生産牧場での牧童経験を活かし、馬の適性を見極める。特技は寝わら上げ。本サイト毎週火曜掲載の「ハッシーの地方競馬セレクション」、土曜掲載の「ハッシーのロックオン〜狙ったレースは逃さない!〜」も担当している。