画像はイメージです。

写真拡大

増田愛花(仮名・24歳)

 2年くらい前、行きつけのバーで知り合ったサラリーマンの人と仲良くなって、付き合うようになりました。その人は、男性なのに美容に詳しく、よくマッサージなどもしてくれました。その際、普通にマッサージするのではなく、薬局などに売られているベビーパウダーを全身塗られ、触れられるので、気持ちが良かったですね。それ以外にも彼が脱毛が趣味らしく、よく下半身を剃毛されていました。

 それ自体は別になんとも思わなかったのですが、一つ気になっていたのは、私の剃った毛を彼は必ず持って帰っていたんですね。そんな日々が、何度か続き、ある時、彼の家に遊びにいきました。そこで彼は「ついに完成したんだよ」と満面の笑みであるものを取り出しました。

 それはピンク色で縦長の性具でした。男性が1人でするためのものですね。私が一番驚いたのは、その道具の入り口部分に、毛がたくさん貼り付けられていたんです。私は恐る恐る「それって、もしかして?」と聞くと、「そうだよ。愛花のアソコの毛をいっぱい集めて、1本1本貼り付けたんだ。めっちゃリアルじゃない? これで1人でも寂しくないよ」と言われました。実際、その物体を見ないと想像できないかもしれませんが、毛がモジャモジャしていて、かなり気持ちが悪かったですね。それに、そんなものを作っていた彼も怖かった。

 今ではバーも行ってないですし、彼とは連絡を取っていません。

写真・Facecasespace