映画『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』異文化結婚を愛と笑いで乗り越える感動作

写真拡大

映画『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』が2018年2月23日(金)より全国でロードショー。パキスタン出身のアメリカ人コメディアン クメイル・ナンジアニが“異文化結婚"の前に立ちはだかる、数々のトラブルと騒動を愛と笑いで乗り越えた実話を描く感動ストーリーだ。

口コミでヒット

クメイルは人気コメディドラマ『シリコンバレー』に出演する俳優。そして、『ビッグ・シック』では、クメイル本人と妻エミリーが実際に映画の脚本を執筆。さらに主人公のクメイルも本人が演じるという異色の展開。アメリカでは、わずか5スクリーンから公開がスタートしたが、口コミでそのストーリーが話題を集め、最終的には2600スクリーンにまで拡大する大ヒットを記録。

第90回アカデミー賞 脚本賞にノミネート

サウス・バイ・サウスウェスト映画祭で観客賞を受賞。アカデミー賞の前哨戦として有名なアメリカ映画協会賞やアメリカ製作者組合賞でベスト10入りしたほか、アメリカの映画批評家賞にも多くのノミネートを受けている。さらに、第90回アカデミー賞では脚本賞にノミネートされた。

『ビッグ・シック』ストーリー

パキスタンで生まれシカゴに移住したコメディアンのクメイル(クメイル・ナンジアニ)は、アメリカ人大学院生のエミリー(ゾーイ・カザン)と付き合う。しかし、母親は同郷の花嫁しか認めない…という厳格な性格&保守的なムスリムで、言われるまま独身パキスタン女性とお見合いをしてしまう。それがエミリーにバレて、喧嘩となり2人は破局。

ところがその数日後、エミリーは原因不明の病気で昏睡状態に陥る。病院へ駆けつけたクメイルは、エミリーを傷つけたことに腹を立てている両親テリー(レイ・ロマノ)とベス(ホリー・ハンター)に出会う。最初はクメイルへの敵意をあらわにしていたベスだったが、気分転換に訪れたコメディクラブで、クメイルに人種差別的なヤジを飛ばす観客と毅然と闘ったことから、3人は心を通わせてゆく。彼らのエミリーへの深い愛に心を動かされ、自分にとってもエミリーがいかに大切な存在かに気付いていくクメイル。果たして、エミリーは目覚めるのか?2人の未来の行方は?

作品概要

映画『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』
公開日:2018年2月23日(金) TOHOシネマズ 日本橋ほか全国順次ロードショー
原題:THE BIG SICK
製作:ジャド・アパトー『俺たちポップスター』
監督:マイケル・ショウォルター『ドリスの恋愛妄想適齢期』
脚本:エミリー・V・ゴードン、クメイル・ナンジアニ
出演:クメイル・ナンジアニ『レゴ ニンジャゴー』、ゾーイ・カザン『ルビー・スパークス』、レイ・ロマノ『アイス・エイジ』、ホリー・ハンター『ピアノ・レッスン』、アヌパム・カー『世界にひとつのプレイブック』
配給:ギャガ
(c)2017 WHILE YOU WERE COMATOSE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.


[写真付きで読む]映画『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』異文化結婚を愛と笑いで乗り越える感動作

外部サイト

  • ミュージカル映画『グレイテスト・ショーマン』夢と愛に生きた伝説のエンターテイナーの人生
  • アップリンク渋谷で「見逃した映画特集 2017」ラ・ラ・ランド、ムーンライトなど全47本上映
  • 『ラブ・アクチュアリー』シネマ・コンサートが東京&大阪で開催 - 巨大スクリーン×フルオーケストラ