木村文乃・佐々木希ら美女集結の舞台挨拶

写真拡大

1月13日、映画「伊藤くん A to E」の公開を記念して、W主演の岡田将生、木村文乃をはじめ、佐々木希、志田未来、池田エライザ、夏帆、中村倫也、田中圭の超豪華俳優陣、そしてメガホンを執った廣木隆一監督が一堂に集結。舞台挨拶を行った。

今もっとも旬なゲストたちが登壇するとあって、会場となったTOHOシネマズ 新宿のスクリーン9は熱気ムンムン。自意識過剰で無神経に周りの人々を振り回す“痛男”伊藤誠二郎役を演じた岡田は「すごく朝早くから『伊藤くん A to E』を選んでいただき、ありがとうございます」と感謝のコメント。

また、伊藤くんと対峙する崖っぷち脚本家の“毒女”矢崎莉桜役を演じた木村は、大きな歓声に満面の笑みを見せ「上映後ということで、今日はいつもより深いところまで話せるのではないかと楽しみです」と語った。

続けて、伊藤くんに振り回されるA〜Dの女を演じた女優陣も、感謝の意を述べつつコメント。佐々木は「今日は少しの時間ですがよろしくお願いします」、志田は「今日は映画の魅力をたっぷり語れればと思います」、池田は「『伊藤くん A to E』で今年の映画初めされた方もいるんじゃないでしょうか。本日はよろしくお願いします」、夏帆は「今日は短い時間ですがごゆっくり楽しんでください」と挨拶した。

登場人物が「全員無様」で、もがき苦しむ姿が痛いが、なぜかそれぞれのキャラクターから目が離せなくなってしまう本作。そんなそれぞれが置かれた状況の中で、無様にもがく登場人物たちについて岡田は「今回、伊藤くんが『痛い男』『自意識過剰』とかいろんなことを言われているんですが、伊藤くんは伊藤くんで自分の世界を持っていて、自己中でも自分の世界を持っていることが、僕にとっては憧れ。尊敬ではないですけど、うらやましく思ってしまったので、演じがいがあってすごく楽しかったです」と振り返った。

木村は「(みんな)とても人間らしくて逆に私は好きだなと思いました。自分らしさを持ちたいがゆえにもがいている人たちのお話なので、愛すべきところが沢山あるな」とキャラクターたちヘの愛情を語りつつ、「自分自身が彼女たちに当てはまるところがありますし、男性たちを含め、どのキャラクターたちも前を向いているのが良いなと思いました。」とコメント。

また、公開中の今だからこそ言える撮影中の印象的な出来事として、佐々木は「伊藤くんと莉桜が対決する最後のシーンを見た時、『本当に伊藤くんが最低だなと!』思いました。最低すぎて、『莉桜頑張れ!もっといけ!』と応援していました」と感想を語ったが、すぐ隣で苦笑している岡田を見て「すみません、岡田さんじゃないですよ、伊藤くん(笑)。岡田さんは本当に低姿勢な、礼儀正しい方で」と必死にフォロー。木村が続けざまに「すみません、今日は岡田さん、喉の調子が悪いようで。なのでみなさん、優しい目で見守ってください」と、実は岡田の喉の調子が悪いことを話し、重ねてフォローしていた。

志田は「私は伊藤くんにストーキングされる役で、公園で伊藤くんに『どうなっても知らないからな!』と言わるシーンがあるんですけど、心から気持ち悪すぎて…」と語ると、「ごめん、ちょっと待って!今日は悪口言う集まり!?」と、すかさず岡田が割って入り、喉の調子で変わった声の面白さもあいまって、会場には大きな笑い。

志田も「いえいえいえいえ、“伊藤くん”が、です!」と否定しつつも、「でも岡田さんが伊藤くんにしか見えなくて、素で必死で逃げました」と本音を告白。すると岡田は「カットがかかっても、軽蔑した目で見られました。現場では役が残ってるんだな、と感じていました」と苦笑。撮影時はかなり役に入り込んでいた様子を伺わせた。