気になる人とデートをするとなると、食事を一緒にする機会も多いもの。食事は相手との相性をはかる便利な手段のひとつでもあります。一緒に食事をしていて楽しい人がいる一方で、「えっ?」と疑問に感じる瞬間や、「ドン引き……」と萎えてしまう瞬間もあるでしょう。ここでは食事デート中に起こるイラッとあるあるを聞いてみました。

店員を呼んでから注文を決める

「店員を呼んでおいて注文を決めていない相手にイラッ! 店員さんにも迷惑だから、注文決めてから呼ぼうよ! って思った」(20代/学生)

▽ せっかちで、早く店員さんを呼びつけて注文しようとするものの、自分で食べようとするメニューが決まっていない人、いますよね。特に混雑時は店員さんに迷惑です。また、自分のメニューだけを決めていて、周りの人がメニューを決めていないのに勝手に店員さんを呼んでしまう人もいます。注文のタイミングは人柄があらわれるもの。周りとのバランスをみてタイミングを見計らって注文をしたいところです。

箸を使って指をさす

「食事のマナーがなっていない人は苦手。今までで一番嫌だったのは、箸を使って指をさすように私を指してきたこと。下品だし失礼だし、イラッとした」(20代/IT)

▽ 食事のマナーがなっていない人は食事デートでもマイナスなところが多いですが、なかでも失礼なのは箸を使って相手のことを指さす人です。指をさすという行為そものもが失礼にあたることも多いのに、まして箸で指をさされたら腹が立つのは当り前です。無意識にやってしまっている人もいるので、気をつけたいところ。

食べながらしゃべる

「デートしていた子が口のなかに食べ物が入っている状態でしゃべっていて、うわって思った。口のなか見えてるし……」(20代/不動産)

▽ 口のなかに食べ物が入っていたら、せっかくの笑顔も台無しです。どんなに素敵だと思っている相手でも、食べている最中のものが見えた時点で、多かれ少なかれ萎えてしまうというもの。せっかくの恋のチャンスを逃しかねないので注意したいですね。食べながらしゃべったり、笑ったりすることはできるだけ控えたいところ。どうしても話したり笑いたいときは、口元を手で隠して相手に見えないように注意しましょう。

ひとくちちょうだい

「デザートを頼もうと思ったら、『もうお腹いっぱいだからいらないや。でもひとくちだけちょうだい』って言われてイラッ。好物のプリンはひとくちたりともあげたくない(笑)」(20代/広告代理店)

▽ ひとくちだけちょうだい、と相手の食べているものをほしがる行為も、人によってはイラッとされる対象です。人と食べ物をシェアしたくない人や、人が口をつけたものを口に入れたくない人までさまざま。また、自分が食べたいと思っているものは、ひとくちだってあげたくない人もいるでしょう。味見程度に食べたいのであれば、グッとこらえて食べないのが一番です。