猿と英語で書かれたパーカーの広告モデルに黒人の少年を起用した衣料品専門店「H&M」に、「人種差別主義だ」などと批判が相次いだ。「H&M」は謝罪するとともに、広告の内容を差し替えた。NHKニュースが報じた。

 Twitterでは「不適切」「この広告がなぜ許されるのか」などの批判が相次ぎ、商品の不買運動を求める声も寄せられていた。
 英BBCなどによると、「H&M」は8日、「不快な思いをしたすべての人におわびします」と謝罪するとともに、広告にはパーカーのみを掲載する形に内容を変更した。

H&M モデルに黒人少年起用のパーカー広告で謝罪(NHKニュース)