「人為的ミスを減らしたい」と語る角居氏

写真拡大

 新しい年になっても競馬は前年からの継続。しかし厩舎成績はリセットされ、また一からの積み重ねとなる。「今年こそは」という意気込みに注目したい。数々の名馬を世に送り出した調教師・角居勝彦氏は先日、3年後の厩舎解散を宣言して競馬界を驚かせた。週刊ポストでの連載「競馬はもっともっと面白い 感性の法則」から、角居厩舎の2018年についてお届けする。

 * * *
 角居厩舎の年間の目標はいつもと変わらず「400走、60勝」です。

 2017年は重賞4勝(12月17日終了時点)。キセキでGIも勝ちました。重賞1勝に終わった2016年にくらべれば、悪くない成績ではあるものの、目標に届かなかった反省の気持ちを強く持たなくてはいけません。良血馬・素質馬を数多く預からせていただいていながら、クラシックへの出走も物足りない。

 2011年に中央で59勝、ヴィクトワールピサのドバイワールドカップを合わせて60勝というのがありましたが、400走というのはまだ一度も達成できていません。勝ち星は出走数におおむね比例するので、いかに400走に届かせるか。思惑通りに短期放牧を行なって、スムーズに馬を回転させたいのです。

 角居厩舎では、基本的に3回レースを走ったら休ませる方針。「このレースで勝って休ませる」といった思惑通りにいけば、休み明けにさらなるステップアップが望めますが、勝てなくても3走で休ませます。「前のレースでは競馬をしていない」なんていう場合や、3走目で次の上昇の気配がはっきり見えた時などは、もう1走ということもありますが、そうすると他にしわ寄せが行くことがある。しかも走り頃は痛み頃でもあり、注意が必要です。

 2回走って休ませなければならないケースも出てくる。そんな調子の馬が増えてくると、目標が遠のいていくのです。そのためには人間側のミスを極力減らす。ケアレスミスが、馬を傷つけてしまうのです。

 具体的な例を挙げましょう。馬の脂は人間のスキンケアなどに用いられているようですが、馬も病原菌などから身を守るために自らの脂を使います。馬体に傷を負うと、患部の傷が広がらないように身体の脂が防御している。特に乾燥が進むこの時期には、脂のバリア機能は重要です。

 そのバリア機能を人間が帳消しにしてしまうことがある。冷たい水は辛かろうと勘案するのか、馬体を洗う時に湯を使う。馬の脂の融点は30〜40℃くらいで、ぬるま湯くらいですぐに溶け出します。

 脂が抜けると、馬は代替の防御体制を整えて毛を伸ばします。人間のミスのせいで馬に無駄な労力を使わせてしまう。この時期、毛が少なくて脂で馬体が光っているのがいい馬です。

 馬が望んでいないことを人間が施してしまう。似たようなことは馬房のいたるところに潜んでいます。人為的ケアレスミスを極力減らす。肝に銘じています。

 馬を順調に走らせた結果として、もちろんGIも勝ちたい。調教師としての最多勝や最多賞金獲得というタイトルももちろん目指しますが、それは毎週の積み重ねで結果論です。それ以上に、馬に「年度代表馬」「最優秀3歳牡馬」といったJRA賞を取らせたい。辛苦をともにしたスタッフを全員、授与式に連れて行きたいと思っています。

●すみい・かつひこ/1964年石川県生まれ。2000年に調教師免許取得、2001年に開業。以後15年で中央GI勝利数24は歴代3位、現役では2位(2017年12月21日現在)。2017年は13週連続勝利の日本記録を達成した。ヴィクトワールピサでドバイワールドカップ、シーザリオでアメリカンオークスを勝つなど海外でも活躍。引退馬のセカンドキャリア支援、障害者乗馬などにも尽力している。引退した管理馬はほかにカネヒキリ、ウオッカなど。本シリーズをまとめた『競馬感性の法則』(小学館新書)が発売中。

※週刊ポスト2018年1月12・19日号