2018年の中央競馬が1月6日からスタート。今年は3日間開催で、3日目の8日には京都で3歳馬の重賞・GIIIシンザン記念(芝1600m)が行なわれる。

 過去10年、このレースの勝ち馬からは2012年ジェンティルドンナ(牝馬三冠)、2014年ミッキーアイル(NHKマイルC)と、2頭のGI馬が出ているほか、昨年は6着のアルアインがGI皐月賞を勝ち、3着のペルシアンナイトは皐月賞2着後、秋にはマイルチャンピオンシップを制覇した。

 2016年2着のジュエラーも後にGI桜花賞を勝利。さらに2014年5着のモーリスはGI6勝の名馬に育っており、敗れた馬からもGI馬が誕生している注目レースだ。

 今年も多くの注目馬が揃った。まだ実績の伴わない良血馬も多いが、2〜3歳戦は良血馬が激走するケースも少なくないので、血統を中心にこのレースを占ってみたい。

 未勝利戦を勝ったばかりだが、鮮やかな勝ちっぷりで大きな注目を集めそうなのがエアアルマス(牡3歳・池添学厩舎)。父マジェスティックウォリアーはダートの米GI勝ち馬で、代表産駒ベストウォーリアも南部杯2連覇などダートで9勝。

 母の父エンパイアメーカーもダート色が濃い種牡馬なので、いかにもダートという血統だが、阪神・芝1600m戦を4馬身差で勝ってここに臨む。牝系を遡ると、デヴィルズバッグ(米2歳牡馬チャンピオン)やシングスピール(ジャパンC)などがいる名門牝系。牝系のポテンシャルから、芝のトップクラスでも上位争いができるか注目したい。


名門・藤沢厩舎が送り出すファストアプローチも有力馬の1頭だ

 ファストアプローチ(牡3歳・藤沢和雄厩舎)の父ドーンアプローチはデビューから7連勝で英2000ギニー(芝約1600m)を勝ったスピード馬。ソウルスターリングを出したフランケルと同じガリレオ系の種牡馬だ。叔父サトノクラウンは昨年のGI宝塚記念(阪神・芝2200m)、一昨年のGI香港ヴァーズ(シャティン・芝2400m)を勝ったほか、2歳時もGIII東京スポーツ杯2歳S(東京・芝1800m)を勝っていたように、早い時期から重賞戦線を賑わせていた。GI朝日杯フューチュリティS(2017年12月17日/阪神・芝1600m)は6着と敗れたが、この相手なら中心的存在だろう。

 カシアス(牡3歳・清水久詞厩舎)は唯一の重賞勝ち馬で、GIII函館2歳S(2017年7月23日/函館・芝1200m)を勝っている。父キンシャサノキセキの産駒はこれまでJRA重賞を5勝しているが、すべて芝1400m以下。1600mの距離はやや不安がある。近親で、カシアスの父の父、フジキセキを父に持つファイングレインもGI高松宮記念(中京・芝1200m)を勝ったスプリンターだった。前走の朝日杯フューチュリティSも7着と敗れており、勝ち切るのは難しそうだ。

 アーモンドアイ(牝3歳・国枝栄厩舎)はGI香港スプリント(シャティン・芝1200m)を連覇した新種牡馬ロードカナロア産駒で、母フサイチパンドラはGIエリザベス女王杯(京都・芝2200m)の勝ち馬という血統だ。約3カ月ぶりの出走だが、前走の未勝利戦(東京・芝1600m)では2着に3馬身半差をつける圧勝を見せており、ここでも軽視は禁物だ。

 ツヅミモン(牝3歳・藤岡健一厩舎)はGI安田記念(東京・芝1600m)を日本レコードで勝利したストロングリターンの初年度産駒。母カタマチボタンはGI桜花賞3着馬で、祖母タヤスブルームもGIIIフェアリーS(中山・芝1200m)勝ち馬と筋の通った血統だ。中山の新馬戦(芝1600m)をハナ差で勝っただけで、あまり人気を集めそうにないが、センスを感じさせるレースぶりだったのでここでもマークしておきたい。

 スターリーステージ(牝3歳 ・音無秀孝厩舎)は2014年のこのレースの勝ち馬で、GI NHKマイルCも勝った前述のミッキーアイルの全妹。デビュー2戦目に2歳芝1600mの日本レコード(1分32秒3)を出した兄に比べると完成度では落ちるが、デビューから4戦すべて芝1600m戦で、3着、2着、2着、1着と安定した走りを続けている。

 2戦目の中京・芝1400m戦で勝ち上がったプリュス(牝3歳・松永幹夫厩舎)は母が仏オークスなどフランスでGI3勝のサラフィナという良血馬。父はドバイワールドCなどを勝ったヴィクトワールピサで、その産駒には桜花賞を勝ち、このレースでも2着に入った前述のジュエラーがいる。 以上、7頭を取り上げてみたが、1勝馬の中にも魅力的な存在が多く、多くの馬にチャンスがありそうだ。エアアルマスを中心に、ツヅミモンやプリュスなどの台頭にも期待したい。

◆ユタカ騎手も好感触。2億円超の高額馬、カザンに大噴火の予感あり>>

◆ダービー2着・スワーヴリチャードの妹、ルナステラはカイ食いがカギ>>