北勝力は関脇まで昇進した(共同通信社)

写真拡大

 角界が揺れる中、「謎のスー女」こと相撲女子の尾崎しのぶ氏が、相撲コラムを週刊ポストで執筆中。相撲界は今でもスカウトでこの業界の門を叩く者が珍しくないが、中には素晴らしい目を持ったスカウトもいる。尾崎氏がつづる。

 * * *
 年末のあいさつをしに親類がいる六郷に行く。走り回ってワアワア遊んでいる子供たちが都心よりも多く見られ、いつもおどろかされる。その中に大きめの少年がいると「竹村さんだったら目をつけるかな、そうでもないかな」と思う。

 一九七七年、のちに北勝力(現谷川親方)となる英樹少年は木村一男・ハル子夫妻の次男として大田区六郷に生まれた。釣りやザリガニ取り、夏には花火と、自宅の目の前を流れる多摩川を満喫。両親の故郷である栃木県那須郡黒羽町にも頻繁に行き、川遊びを楽しんだ(出身地も那須としている)。

 那須の澄んだ川と多摩川を交互に見ながらすくすくと育ち野球チームで活動する(柔道部にも所属していたが、勝ったことがないしルールも知らなかった)。牛乳は一リットルを一気飲み、焼き肉をすればご飯を一升平らげる。中学校の制服は二年時には入らなくなり作り直した。

 そんな中学二年の夏、近所の銭湯・相模湯で「いい体しているね、相撲やってみないか」と声をかけられる。その人は竹村源英と名乗った。建築業を営んでいて、九重部屋と親しい関係だという。

「お相撲さんになったら両親のために田舎に家を建ててあげられる」と聞かされた英樹少年は風呂から上がる前に「やります」と答えたのだが、進学させたいと思っていた両親は反対した。しかし竹村氏に「若の富士、大富士、孝乃富士と、私がスカウトした人は全員関取になっています。息子さんは大きくなる。必ず関取になれますから」と説得されてしまった。

「友達とケンカをしたり、いたずらをすることもありましたが、悪いことをしたときには、必ず私が厳しく叱りました。今から思えば、殴りすぎたかなと反省するくらいに手を上げましたが、結果的に、曲がらずに育ってくれました」と父親がベースボール・マガジン社『相撲』に語っている。その育てられ方は相撲界に入ってから役立ったに違いない。

 悪いことをすれば殴られると理解できている。時に理不尽に殴られても慣れていて逃げたいという発想には向かわない。ボコボコに殴られながらもそのこぶしには愛情があると感じられたから、英樹少年は竹村氏の言う親孝行の最短コースを信じることにした。

 そして竹村氏は父親に会って、この真っすぐな人の息子ならば相撲界の厳しさにも決して折れない、と確信して寄り切った(若の富士にはもう来るなと塩をまかれ大富士にはゴミ箱に隠れられて手を焼いたことを思えば、本人が前向きなだけ楽だったろう)。

 英樹少年は竹村氏に多摩川の河原に連れていかれ、四股を教わった。一年半後中学を卒業し九重部屋から初土俵(その後元横綱北勝海の八角部屋発足に伴い移籍)。地方場所の宿舎にも竹村氏から毎日叱咤激励の電話がかかってきた。繰り返される「思い切って行け」の言葉。そして九年後の二〇〇二年、見事十両に昇進。スーパースカウトマンの「必ず」に間違いはなかった。

 しかし大銀杏を結った晴れ姿を最も喜んでくれるはずのその人は半年前に亡くなっていた。「英樹が関取になるまでは死ぬわけにはいかない」と最期までつぶやいていたという。

 ハンナンの浅田満の長女と結婚した若の富士、オフィス北野でタレントになりバラエティー番組に出演・蜷川幸雄の舞台でも常連となっていた大富士、レスラーとなり数々の珍エピソードを作った孝乃富士(安田忠夫。私はエア焼き肉事件が印象深い)と、彩り豊かな人生を送った大田区育ちの兄弟子達。その中でも北勝力は、西関脇と一番の出世を成している。

 最後に見出した北勝力こそ竹村氏の最高傑作だった。もしもあの日風邪でもひいて相模湯に行っていなかったら……それでもいつか出会っていた。竹村氏の嗅覚が英樹少年を逃すはずはない。

※週刊ポスト2018年1月1・5日号