厳選! 新馬情報局(2018年版)
第32回:ルナステラ

 GI有馬記念(中山・芝2500m)で引退の花道を飾ったキタサンブラックをはじめ、2017年も多くの名馬が躍動した。年が変わって2018年も、スターホースによる名シーンが数多く見られることを期待したい。

 さて、クラシックを目指す3歳戦線では、注目の若駒が年明けデビューを迎える。栗東トレセン(滋賀県)の石坂正厩舎に所属するルナステラ(牝3歳/父ディープインパクト)である。


兄たちに続く活躍が期待されるルナステラ

 彼女のひとつ上の兄は、昨年の3歳クラシックで主力を務めたスワーヴリチャード(牡4歳/父ハーツクライ)。年明けのGIII共同通信杯(東京・芝1800m)を勝つと、GI皐月賞(中山・芝2000m)は6着に終わったものの、GI日本ダービー(東京・芝2400m)では勝ったレイデオロに僅差の2着と奮闘した。

 秋になってからも、GIIアルゼンチン共和国杯(1着。東京・芝2500m)で強豪古馬を蹴散らし、年末の有馬記念ではキタサンブラックに次ぐ2番人気の支持を得た。結果は4着に終わったが、今年はGI戦線で主役を張る存在となっていくことだろう。

 このスワーヴリチャードの他にも、高い資質を持った兄弟がいる。2011年生まれのバンドワゴン(牡7歳/父ホワイトマズル)だ。

 デビューから圧巻の内容で2連勝を飾って注目を集めると、3戦目のGIIIきさらぎ賞(京都・芝1800m)では勝ち馬とアタマ差の2着と好走した。その結果、クラシックでの活躍が期待されたが、その後に故障して戦線離脱。3歳、4歳の2年間を棒に振ってしまった。

 それでも、5歳になって復帰。そこから2勝を挙げてオープン入りを果たした。今なお、「3歳時のケガがなければ……」と残念がるファンは多い。

 これら兄に続く存在として、期待されているルナステラ。管理するスタッフたちは、どう評価しているのだろうか。関西競馬専門紙のトラックマンがその様子を伝える。

「ルナステラは、ディープインパクト産駒らしく『芝向きの軽い走りをするタイプ』とスタッフは話しています。同じ石坂厩舎に所属するバンドワゴンはかなり気性がきついのですが、こちらは『気性がおとなしくて、扱いやすい』とのことです」

 初陣は1月14日の3歳新馬(京都・芝1600m)を予定。遅めのデビューではあるが、その後の成績によっては、クラシックにも十分間に合う。

 ただ、陣営のトーンはそこまでは上がっていないようだ。先述のトラックマンが続ける。

「現在の馬体重は450kg弱と、牝馬としては標準的な体型です。ただ、カイ食い(馬の飼料となるカイバの食べ具合)が細くて、力強さがイマイチ足りないようですね。昨夏に一度入厩していたのですが、『その頃のほうが動きはよかったくらい……』とさえ言われています。今後の良化が、デビュー戦から結果を出せるかどうかのポイントになるでしょう」

 現状、前途洋洋という雰囲気ではないものの、デビューまでにはまだ時間がある。兄たちの活躍を考えると、ここから本当の能力を見せ始める可能性もある。 はたして、ルナステラは兄たちと同じく、ターフを沸かす存在となるのか。ファンの期待が一層膨らむような走りを、初陣で見せてくれることを願うばかりだ。

◆ユタカ騎手も好感触。2億円超の高額馬、カザンに大噴火の予感あり>>

◆これは大変! 逸材ぞろいの3歳牡馬「最新ランキング」>>>>

■競馬 記事一覧>>