画像はイメージです。

写真拡大

菊池奈苗(仮名・28歳)

 その人とは、婚活パーティーで知り合ったのですが、一流企業に勤めているということで連絡先を交換。何度かデートを重ねて交際するようになりました。初めて彼の家に行った時、まず驚いたのが部屋の広さですね。彼は都内のタワーマンションに住んでおり、部屋の場所も上層階で、眺めも良かったです。そんな部屋に住む男性とは今まで付き合ったことがなかったため、正直、私は“この人を逃さないようにしよう”と思っていました。

 でもその後、気持ちが変わっていったのです。その日、彼と部屋でお酒を飲んだ後、「頼みたいことがある」と言われました。「何?」と私が聞くと、ロビーにある机の上に立ってほしいというのです。その机の表面はガラスになっていて下が透き通って見えます。私は酔った勢いもあって、そのまま上に乗ってみました。すると彼は机の下に仰向けになって、私のスカートを覗き始めました。

 最初は冗談だろうと思って私も笑っていたのですが、その後もずっと真剣な顔で眺めている。あの時間は本当に微妙な気持ちになりました。数十分後、耐えられなくなって「もういい?」と聞くと、「ごめんごめん」と言われ降ろしてもらいました。そしてその日は、彼の家に泊まったのですが、私に触れてくることも一切なし。それからというもの、彼の家に行くたびに、同じことをさせられたので、段々と怖くなっていきました。昔、側溝に入って逮捕された人が話題になったじゃないですか? この人もそういう属性の人なのかもしれない思ったら、いくらお金持ちでも関わりたくないですから。なので、そのうち連絡は取らなくなりました。

写真・rachelgiulia